教員と学生の交流

教員と学生の交流

本学では学生生活がより実り豊かなものとなるように教師と学生の交流を大切にしています。大学の行事や、ゼミ・論文グループ、アドバイザー・グループなどをきっかけに親睦と交わりを深めてください。

メンター制度

メンター制度

短大での学生生活がより充実したものとなるよう、短大の教職員が一体となって全学生に対しより手厚い支援を行っていこうと設けられたものとして「メンター制度」があります。 入学から卒業まで、ゼミ担当の専任教員がメンターとして学生の相談に応じます。勉学はもとよりクラブ活動等の課外活動、学生生活を送る上でのさまざまな問題、卒業後の進路等について、支援・アドバイスを受けることができます。日々のメンターとの語らいが、先生、ゼミ生同士の親睦を深めたり、学問の奥深さを垣間見たり、また、自己の可能性の幅を広げるきっかけとなることでしょう。

アドバイザー・グループ制度

アドバイザー・グループ制度

メンターに加えて、2年生・3年生・専攻科生の希望者を対象に、専任教員の中からアドバイザーを1人選んで申し込むアドバイザー・グループ制度があり、アドバイザー・グループ活動として読書会、ピクニック、見学会、展覧会や音楽・映画鑑賞などが自由に行われます。アドバイザー教員を囲む友人たちとの会合などに参加して有意義な学生生活を送れます。

オフィスアワー

オフィスアワー

学生と教師の交流をはかるため、専任教員のオフィスアワーを設けています。これは、授業時間のほかに各教師が研究室などにいる時間を定め、学生と自由にコミュニケーションできるようにしたものです。勉学はもちろん、学生生活全般の相談にのります。