奨学金

奨学金

家庭の経済的な事情により修学が困難な学生に奨学金制度があります

本学で扱う奨学金制度には、貸与奨学金と給付奨学金があります。貸与奨学金は、卒業後、一定年限内に返還の義務があり、毎月決められた金額を返還することになります。給付奨学金は、返還の義務はありません。

貸与奨学金

奨学金を貸与されるには?

【入学後に応募する ~日本学生支援機構奨学金・青山学院万代奨学金※~】

奨学金種類 対象 予定貸与月額 貸与期間 募集時期
日本学生
支援機構
無利子 第一種 専攻科 (自宅外)
2・3・4・5・6万円より選択
(自宅)
2・3・4・5.3万円より選択
4月より修了まで 4月上旬
有利子 第二種 2~12万円まで1万円単位で選択 貸与開始月より
修了まで
青山学院 無利子 万代 53,000円 4月より修了まで

推薦基準

日本学生支援機構 第一種奨学金 前年度迄の学業成績が学科内の上位1/3以内
第二種奨学金 前年度迄の学業成績が学科内の平均以上
青山学院万代奨学金 日本学生支援機構第一種基準に準ずる

返済方法について

【日本学生支援機構奨学金】

卒業後、リレー口座(郵便局、銀行、信用金庫または労働金庫の預貯金口座からの自動引落)に加入して月賦等で返還となります。

返還例

貸与月額
(円)
貸与期間
(月数)
貸与総額
(円)
返還総額
(円)
返還月額
(円)
返還回数
(期間)
第一種奨学金 自宅 53,000 24 1,272,000 1,272,000 8,833 144回
(12年)
自宅外 60,000 1,440,000 1,440,000 9,230 156回
(13年)
第二種奨学金
※貸与利率は上限である3%で計算しています
30,000 24 720,000 833,004 7,713 108回
(9年)
50,000 1,200,000 1,448,002 10,055 144回
(12年)
80,000 1,920,000 2,349,227 15,059 156回
(13年)
100,000 2,400,000 3,018,568 16,769 180回
(15年)

第二種奨学金の利率算定方法は「利率固定方式」または「利率見直し方式」のいずれかを選択します。利率の上限は3%です。在学中は無利息です。

【青山学院万代奨学金】

借用金額により、5年、10年または15年以内での月賦等で返還となります。(自動引落)

返還例

貸与月額
(円)
貸与期間
(月数)
貸与総額
(円)
返還総額
(円)
返還年数 通常返還月額
(円)
万代奨学金  53,000 24 1,272,000 1,272,000 15年 7,066
10年 10,600
5年 21,200

その他の奨学金

公共団体(都道府県市区町村)・民間団体の奨学金

募集があれば掲示します。しかし、大学を通さずに募集される場合が多いので、希望者は直接出身地の教育委員会等に問い合わせ、応募してください。

給付奨学金(2020年度実績)

青山学院独自の奨学金

【青山学院スカラーシップ】

概要 奨学金名 年間給付額
(万円)
採用人数
(名)
採用条件
青山学院でもっとも古い伝統をもつ青山さゆり会を初めとする団体・個人の寄付による奨学金です。奨学金の採用条件・金額等はそれぞれの奨学金で若干違いがありますが、採用方法は、大きく推薦と応募の二つに分かれています。 青山さゆり会奨学金 20 3
  • ・キリスト教に基づく教育に賛同する学生、信仰の継承につとめる学生
  • ・教育に携わる進路を希望し、その実践となりうる可能性のある学生、または、キリスト教の精神を継承する可能性があり、経済的支援を必要とする学業・人物ともに優秀な学生
青山学院維持協力会奨学金 20 5
  • ・経済的支援を必要とする学業・人物ともに優秀な学生
  • ・他の人を援助したり、自己の視野を広げることを目的として、学内外で報酬を伴わない社会的活動を長期間にわたり行った学生
青山学院校友会奨学金 75
15
1
1
青山学院女子短期大学
同窓会奨学金
40 2
石山奨学金 15 1
山内奨学金 15 1
清水建設奨学金 30 4
向山泰子奨学金 25 5
エバーグリーン奨学金 30
15
1
1
エバーグリーン基金奨学金 15 1
ITY奨学金 30 1
青山学院メソジスト女性局奨学金 20 1
  • ・経済的支援を必要とし、青山学院の建学の精神に基づく模範的な学生

女子短期大学独自の奨学金

【授業料減免】

概要 年間給付額
(万円)
採用人数
(名)
採用条件
学業・人物ともに優秀と認められる学生に、奨学金を直接交付するのではなく後期授業料に充当させて、修学のための経済的支援をするために設けられた奨学金。 後期授業料
相当額
1 経済的支援を必要とする3年生
経済事情により、学費の支弁が困難な学生に対して経済的な支援を行い、修学の環境を整えることを目的とした奨学金。 後期授業料
相当額を上限とする
0
  • ・緊急若しくは不測の事態又は経済的理由により、学費の支弁が困難な学生
  • ・所属する学科又は専攻科の最終年次に在学している学生