留学制度

短期語学留学


2017 春期語学研修参加者
(The University of Adelaideにて)

夏期・春期休暇期間を利用して、海外の英語学校で実践的な英語力を身につけ、現地の文化や暮らしを体験します。夏期は3〜4週間で、春期は2月からの約2カ月間をオセアニア地域等の英語学校で行います。どちらのプログラムも海外経験の有無を問わずどの学科の学生でも参加できます。さらに、このプログラムは、本学の語学科目の一部として単位認定されます。

休学留学

英語等の外国語をしっかり身につけ、さらに海外生活も体験してみたい方は、本学を1年間休学し、姉妹校付属の語学学校等へ留学できます。学生時代を「短大2年+海外留学1年」の3年間と考え、夢をかなえるために、本物の語学力と国際的な視野の広さを身につけましょう。

後期出発
4月〜8月 9月 翌年8月 9月
・語学学校入学手続き
・休学手続き
・留学準備
留学
(期間は英語学校によって異なる)
復学
手続き
復学
前期出発
10月〜3月 4月〜 翌年2月 4月
・語学学校入学手続き
・休学手続き
・留学準備
留学
(期間は英語学校によって異なる)
復学
手続き
復学

編入留学

本学を卒業後、留学先の定めるTOEFL®iBTスコア等の入学条件を満たした上で、編入する留学です。編入先の大学で申請することで、短大在学中に取得した単位が認定される場合もあります。海外の4年制大学の学位取得を、最短で2.5〜3年かけてめざす本格的な留学です。

留学開始時期 卒業の翌年度9月等
出願資格 留学先が基準とするTOEFL® iBTスコア,GPA等(大学によって異なります)
:入学前に現地の語学学校に2~3ヶ月前から通い、事前に語学力をつけるケースもある