就職

就職

歴史の中で培われた信頼関係、多彩な業界で活躍する卒業生

学生部長 齋藤修三 教授
学生部長
齋藤 修三 教授
Shuzo Saito

「セカンドステージ」を切り拓く学生一人ひとりと親身に寄り添います

昨今は景気の回復で就職環境が良くなっているとはいえ、就職活動においては学生が自らの進路に真剣に取り組む姿勢が望まれます。青山学院女子短期大学が育む、現代を生きる女性に必要な“ 人間のちから”は、コミュニケーション力、課題発見力、関係調整力といった社会人力を支える基盤そのものであり、学生の就職活動に不可欠な基礎体力とも言えるでしょう。その成果は、2016年3 月末で内定率97.1%という数字に表れています。これは学生が積極的に活動した成果であり、60 余年にわたる卒業生の活躍によって、多くの企業との間に本学が築いてきた信頼関係の賜物にほかなりません。本学では初年次から対話力を磨く少人数ゼミや主体的に人生設計を考えるライフ・キャリア・デザイン科目を導入、またボランティアやインターンなど豊富な体験型の企画、さらにメンター教員が学生一人ひとりの相談相手となり、就活のいろはから親身に相談できるキャリアカウンセラーが常駐するなど、教職員一丸となって卒業後の進路を支援しています。

就職指導スケジュール

マナー・メイクアップ講座

マナー・メイクアップ講座

就職ガイダンス

就職ガイダンス

就職模擬面接講座

就職模擬面接講座

キャリアサポートルーム

キャリアサポートルーム

1年次

4月

新入生向けガイダンス

10月~12月

就職ガイダンス(1 年次数回実施)

  • 就職状況報告
  • 就職活動のすすめ方
  • 就職情報サイトの活用について
  • 内定者による就職報告

マナー・メイクアップ講座

内定者による就職活動報告会

1月~3月

就職筆記試験対策講座
(エントリーシート対策講座、SPI 対策講座含む)

筆記試験の傾向や、自分の弱点を知り、春休み等を利用して対策を立てる

就職模擬面接講座

立ち居振る舞い講座

学内企業説明会

2年次

4月

就職ガイダンス

  • 昨年度の状況報告
  • 今年度の動向
  • 就職活動のすすめ方
  • 学校推薦について

公務員希望者への説明会

5月

学内企業説明会

就職Q&A

Q.就職を希望する人の就職率はどうですか?
A.卒業生に対する社会の評価が高く、例年よい結果が出ています。就職活動に関しては、就職ガイダンスなどきめ細かな指導を実施しています。いずれにせよ、社会人としてふさわしい人物を目指して努力すれば、よい結果を得られることでしょう。
Q.短大と大学ではどちらが就職に有利ですか?
A.企業によって短大生と4大生を採用する比率が異なりますので、一概には比較できませんが、本学では、昨今の厳しい就職環境の中、「今後とも青山学院女子短期大学の卒業生を採用したい」と、毎年継続して求人を寄せてくださる企業が数多くあります。
Q.就職活動の際、短大では何が行われますか?
A.就職希望者に対して年に数回の就職ガイダンスを実施するほか、卒業生による就職相談会、内定者による就職活動報告会各種講座などを行っています。キャリアサポートルームでは、キャリアカウンセラーが常駐し、個別相談に応じており、また、同ルームでは、インターネットを利用した企業情報の検索もでき、求人票や企業のパンフレット、入社試験報告書、卒業生によるアンケートなどが整備され、自由に閲覧できます。
Q.子ども学科を卒業すれば幼稚園教諭または保育士になれますか?
A.希望する人は、所定の単位を満たすことによって幼稚園教諭2 種免許状、保育士資格を取得することができます。また、専攻科子ども学専攻では、所定の単位を満たすことによって幼稚園教諭1種免許状を取得することができます。これまで多くの卒業生が、幼稚園、保育所、児童館、児童養護施設、乳児院、病棟保育など、さまざまな場で活躍しています。
Q.学科・専攻によって就職に有利不利はありますか?
A.特にありません。就職ではまず「人物」が問われます。特に、短大生としての教養、つまり在学中に学んだことがどれだけ身についているか、そしてそれを世の中にどれだけ役立てていけるかが重要なことなのです。

子ども学科進路ガイダンス

子ども学科は、前身の児童教育学科(2年制+専攻科)から3年制子ども学科に生まれ変わって、2015年度8期生が巣立っていきました。 児童教育学科から通算すると、半世紀にわたる歴史と伝統があり、保育現場では、多くの卒業生が中心を担う働きをしているので、求人も多く、ほぼ100%の就職率を毎年確保しています。保育現場や福祉施設を中心にしながらも、演劇や写真などの芸術分野、一般企業、編入学などの進路を選択する卒業生もおり、多方面で活躍しています。そのような進路を支えるため、学科では独自のスタイルで進路ガイダンスを10回実施しています。そこでは多方面で活躍する先輩の話を聞いたり、また保育現場に就職する際の留意点を紹介しています。現在保育現場は、従来の「保育園」「幼稚園」の枠組みを超えた保育スタイル、従来の「学校法人」「社会福祉法人」「公立」といった枠組みを超えた経営主体があり、多様性を増しています。多くの社会的需要がありますが、さまざまな点で質的に大きく異なる保育が展開されていることにも留意する必要があります。多くの選択肢・情報の中から、自分の保育観を磨き、展開できる保育の場を「選ぶ眼」を養うことをガイダンスでは重視してきました。また昼休みには専任教員がキャリアサポートルームアネックス※で予約制の個別相談も行っています。さらに卒業後も、卒業生幹事、学科教員が協力し、「子ども研究会」(年1 回)を開催し、ニュース(年2回)を発行しています。そこは、卒業生・教員のそれぞれが保育観を見直し学び合う機会、そして楽しい再会の場となっています。

2015年度 子ども学科進路状況

進路 人数
子ども学科3年生 専攻科子ども学専攻
社会へ
(就職)
保育/福祉 私立幼稚園 16 12
私立保育園 19 1
公立福祉職 9 0
認定こども園 0 2
施設・学童他 7 1
企業立保育園 7 2
一般企業 13 4
学びの継続 進学 専攻科 24 0
編入学 1 0
留学、専門学校 他 1 1
その他 3 0
総数 100 23

2016年4月1日 現在

進路ガイダンス スケジュール

2年次

6月

第1回 「進路を考えるにあたって」

進路を考えていく前提となる理念や枠組みについて理解します。

9月

第2回 「子ども学科での進路の考え方」

進路を模索していくにあたり、学科として大切にしている考え方にふれ、自らの進路を思い描き始めます。

10月

第3回 「卒業生を囲んで」

さまざまな分野で活躍する先輩を招いてお話を聞き、将来の進路について考えていきます。2015 年度は、卒業後、演劇養成所を経て劇団で役者、青山学院大学教育学科に編入学して、小学校の教諭免許を取得、現在公立小学校の先生、私立幼稚園、保育園で長年保育者として働いているOG のお話を伺いました。

2月

第4回 「卒業する先輩を囲んで」

免許・資格を活用し就職先を選んだ3 年生の先輩から、実習経験を聞くと共に、就職活動や仕事の経験談を聞きます。

6月

第5回 「「働くということ」

学科の複数の教員から「働くということ」について考え方や経験談を聞き、進路について考えていきます。全学生に対して進路希望調査を実施し、学生の希望に沿った就職をサポートするための情報を共有します。

第6回 「保育者をめざすにあたって」

保育者をめざす人は、1年間の就職活動について、留意点や見通し、保育現場の実情などを理解していきます。

3年次

5月

第7回 「編入学について」

編入学を希望する学生は、青山学院大学への推薦編入学を含め、選考方法や留意点について学びます。

7月

第8回 「幼稚園への就職について」

第9回 「保育園・施設への就職について」

保育者をめざす人は、夏休みを前にやっておくべきことを学び、具体的な就職先について検討していきます。

9月

第10回 「実際の就職活動にあたって」

保育者になるための実際の就職活動は10 月〜1月頃がピークとなります。この回では、就職活動の具体的な方法や決め方について確認します。

INTERVIEW
INTERVIEW1

多くの国の人たちの価値観に触れて広い視野を養いたい

2015年 3月 現代教養学科 国際専攻卒業

アメリカの学生から学んだ積極性
高校時代に経験した2年間の留学をきっかけに、英文読解や英会話などの総合的な英語スキルを伸ばしたいと考え、国際専攻を志望しました。1年次には青短を代表して姉妹校訪問プログラムに参加し、約10日間、アメリカのコーネル・カレッジで学生生活を体験。最も影響を受けたのは、現地の学生たちの学ぶ姿勢です。先生に対し、意欲的に質問をする彼らの姿に触発され、私も率先して発言していかなくてはいけないと感じました。この訪問プログラムの経験があったからこそ、帰国後、より積極性を持って授業に取り組めるようになれたと思います。

自分と異なる視点で物事を見る意識
2年次には、日系アメリカ人のオクマ先生が担当するゼミを選択。ある時、先生から「なぜ日本人は周りを気にして発言を控えてしまうのか」と聞かれ、日本人には当たり前のことでも外国の人には疑問に感じることがあるということに改めて気づきました。これがきっかけで、年齢や国籍が違えば多種多様な考え方が存在すると知り、それを受け入れた上で物事を判断しようという意識がさらに生まれました。現在は、日本銀行の国際局に勤務しています。海外の金融機関の方々とコミュニケーションをとる上で価値観の違いに戸惑うこともありますが、自分が思う常識に捉われずに相手の立場を踏まえた上で、意思疎通を図ることを心がけています。これからも青短での学びを活かして、多くの国の人たちと関わっていくつもりです。

INTERVIEW2

先々を見据えて自身のキャリアをデザイン

2015年 3月 現代教養学科 人間社会専攻卒業

社会へ出るステップとしての2年間
早く社会に出たいという思いが強かったので、青短で2年間しっかり学びたいと考え入学しました。限られた時間の中で、自分がどれだけ広く学ぶことができるのかと意気込んでいましたが、実際の学びは想像以上に広く深いものでした。少人数制で行われる「食文化」のゼミでは、1年間を通して「食」を切り口にさまざまなテーマで追究する面白さを知ることができました。私がたどり着いた卒業論文のテーマは「日本と韓国の食文化の違い」。自分でテーマを決め、考察し、まとめ上げたことは自信につながりました。また、これからの長い人生において励ましあっていけるかけがえのない友人を得ることができたのは、共に意見を交わしあえたゼミのおかげです。

声でつながるお客さまの気持ちをくんで
現在私は、お客様とJALをつなぐ玄関口として、航空券の予約を承るコンタクトセンター部門の仕事に就いています。顔の見えないお客様への対応には、プレッシャーもありますがそれ以上にやりがいを感じています。今後は、英語での対応も任せてもらえるよう、語学力も伸ばしていきたいと思っています。また、5年後、10年後の自分を思い浮かべ、スーパーバイザーやインチャージといった責任ある職種を目指して、後輩を指導できる力を身につけ頼られる存在になりたいと考えています。

INTERVIEW3

病気と闘う子どもたちのそばに寄り添いたい

2012年 3月 子ども学科卒業

意見を言う時は相手のことを考えて
会う度に大きくなる従弟妹たちの姿に喜びを感じたことがきっかけで、子どもの成長を助ける職業に就きたいと思い、子ども学科を志望しました。ゼミでは、障がい者雇用をしている会社への訪問や、障がい児の成長記録を追ったドキュメント映像を通して感じたことについて、ディスカッションを実施。そこで、メンバーが一つの意見に対して同意や反論をする様子を見て、人の価値観はそれぞれ異なるとわかり、他人の意見を大切にすることと同時に自分自身の意見も発信することを心がけるようになりました。このような経験を通して、仕事で保護者と話す時はまず保護者が何を想っているのかを考え、それに寄り添えるよう発言するようにしています。

実習で目にした病棟保育の現実
現在、勤務している小児医療センターは、学生時代の実習先でした。実習中、指導担当の先生から、遊ぶ約束をしていた子どもが翌日、亡くなっていたという話を聞き、病棟で過ごす子どもたちにとって明日が来るのが当たり前ではないことを痛感。この話が強く印象に残り、病気と闘う子どもたちの手助けをしたいという思いが生まれ、病棟保育士を志望しました。入院している子どもたちは保護者と離れて過ごさなければならず、治療など“痛いこと”“怖いこと”の連続であるため、保育に入る際はその子にとって今何が必要なのか考え、落ち着いて過ごせる環境を作ることを大切にしています。これからも毎日を懸命に生きる子どもたちの心の拠り所として、彼らのそばに寄り添いたいと思います。

INTERVIEW4

会社の顔となる広報部で周りの方々の仕事をサポート

2014年 3月 現代教養学科 日本専攻卒業

頼られる存在を目指して
日清食品ホールディングスの広報部に所属し、伝票処理や庶務全般、広報担当役員秘書などを主な業務としています。サポート役にまわることが多い仕事ですが、自分の行動ひとつで周りの方の仕事のしやすさが変わるのではないかと、常に先読みした行動を心がけています。また、広報部の代表電話をとるのも私の主要な業務です。毎日数多くの電話がかかってきますが、青短時代に学んだ「正しい日本語」が役に立っています。会社の名を汚さぬように、これからも気を引き締めて電話対応をしていきたいと思っています。

多くの人に助けられた青短時代
私は、青短で関わった方たちに何度も助けられました。学びたいという思いに全力で応えてくださった先生方、不安なことがあった時に一番に相談できた職員の方々、学生時代をともに楽しみながら切磋琢磨した友人たち。社会に出た今、青短で助けられた温かい人間関係をこれからは自分からつくり上げ、業務では「米野さんに聞けばわかる」と言ってもらえるようになりたいと考えています。

INTERVIEW5

子どもたちに必要な支援を考え安心して暮らせる環境をつくりたい

2013年 3月 子ども学科卒業

初心に戻りながら子どもたちと過ごす日々
乳児院では、さまざまな理由で親と暮らすことができない0歳から就学前までの子どもたちが生活しています。入所している子どもたちにとって、乳児院は「家」。子どもたちが安心して暮らしていけるように、少しでも家庭に近い環境をつくりあげることが大切だと考えています。卒業論文では乳児院における養育について研究を進め、家族支援で配慮していることは何かを考えました。今でも時々読み返し、初心に戻ることを心がけています。

悩みを親身に聞いてくれる先生方の存在
先生と学生の距離が近いことが青短の魅力だと考えています。学生時代は自由な時間が多く、自分としっかり向き合えます。同時に壁にぶつかり、迷いが生まれることもあると思います。そのようなとき、親身になって相談に乗ってくださる先生や副手さんの存在はとても心強く安心感がありました。短大は忙しいイメージですが、さまざまな人やものと出会うことができる貴重な時間を過ごせます。たくさんの刺激を柔軟な心で吸収してください。

INTERVIEW6

航空業界に強い青短だからダブルスクールなしで
夢に手が届きました

現代教養学科国際専攻2年

憧れのCAを目指して国際専攻へ
客室乗務員として、さまざまな国の方々に最高のサービスを届けたいという夢を、夢のまま終わらせたくはなかったので、航空業界へ多くの卒業生を送り出している青短に進学しました。国際専攻の学びでは、ネイティブの先生との少人数制の授業により、柔軟な会話力を身につけることができました。また、1年次から開催されるさまざまな就職ガイダンスや講座にも積極的に参加し、モチベーションを上げていくことができたと感じています。中でも「CAセミナー」では、話し方の癖を直していただいたり、勇気づけていただいたりと、就職面接の力となりました。

また会いたいと言われる客室乗務員に
就職活動中は、不安になることもあります。私の場合には、先生方やそれぞれの夢に向かってがんばっている友人の「笑顔に自信を持って」という励ましに助けられました。就職活動を通して、思いを自分の言葉で伝えることで相手に届くということを学ぶことができました。この気持ちを大切にし、お客さま一人ひとりと心を通わすことのできる客室乗務員を目指したいと思っています。

INTERVIEW7

専門家のアドバイスや先輩の声
就活を通して気づいた青短の結束力

現代教養学科人間社会専攻2年

早く社会に出たいという思いから就職率の高い青短へ
将来の具体的な目標が決まっていなかったので、経営学や心理学など一般教養を幅広く学べる青短へ進学。入学後はキャリアサポートルームに頻繁に顔をだし、キャリアカウンセラーの方に具体的なアドバイスをいただきました。落ち込んだときも、今後どうすべきかを一緒に考えてくれるなど、前へ進む道を一緒に模索。このサポートのおかげで納得のいく形で就活を終わらせることができました。

心のこもった先輩たちの手書きのアドバイスシート
なかでも、実際に内定をもらった先輩たちがまとめた手書きのシートには、実体験に基づいた試験対策や面接ポイントが書かれてあり、会社ごとに対策を練るのに大いに役立ちました。内定先では、営業補佐として社内や外部の人たちと交渉する仕事に携わります。青短の委員会やサークル活動で身につけた「外部との交渉力」を武器に、一日も早く戦力として認められるような存在になりたいです。