就職

就職

歴史の中で培われた信頼関係、多彩な業界で活躍する卒業生

「セカンドステージ」を切り拓く学生一人ひとりと親身に寄り添います

昨今は景気の回復で就職環境が良くなっているとはいえ、就職活動においては学生が自らの進路に真剣に取り組む姿勢が望まれます。青山学院女子短期大学が育む、現代を生きる女性に必要な“ 人間のちから”は、コミュニケーション力、課題発見力、関係調整力といった社会人力を支える基盤そのものであり、学生の就職活動に不可欠な基礎体力とも言えるでしょう。その成果は、2018年3月末で内定率97.6%という数字に表れています。これは学生が積極的に活動した成果であり、60余年にわたる卒業生の活躍によって、多くの企業との間に本学が築いてきた信頼関係の賜物にほかなりません。本学では初年次から対話力を磨く少人数ゼミや主体的に人生設計を考えるライフ・キャリア・デザイン科目を導入、またボランティアやインターンシップなど豊富な体験型の企画、さらにメンター教員が学生一人ひとりの相談相手となり、就活のいろはから親身に相談できるキャリアカウンセラーが常駐するなど、教職員一丸となって卒業後の進路を支援しています。

就職指導スケジュール

マナー・メイクアップ講座

マナー・メイクアップ講座

就職ガイダンス

就職ガイダンス

就職模擬面接講座

就職模擬面接講座

キャリアサポートルーム

キャリアサポートルーム

1年次

4月

新入生向けガイダンス

6月

インターンシップ説明会

10月~12月

就職ガイダンス(1年次8回実施)

  • 就職状況報告
  • 就職活動のすすめ方
  • 就職情報サイトの活用について
  • 内定者による就職報告

職務適性テスト

自己分析セミナー

内定者による就職活動報告会(一般企業)

1月~3月

各種業界セミナー
内定者による就職活動報告会(公務員)

就職筆記試験対策講座
(エントリーシート対策講座、SPI 対策講座含む)

筆記試験の傾向や、自分の弱点を知り、春休み等を利用して対策を立てる

就職模擬面接講座
(グループ面接、グループディスカッション)

立ち居振る舞い講座

マナー・メイクアップ講座

学内企業説明会

2年次

4月~5月

就職ガイダンス

  • 昨年度の状況報告
  • 今年度の動向
  • 学校推薦について
  • 今後行われる就職支援について

公務員希望者への説明会

学内企業説明会

就職Q&A

Q.就職を希望する人の就職率はどうですか?
A.卒業生に対する社会の評価が高く、例年よい結果が出ています。就職活動に関しては、就職ガイダンスなどきめ細かな指導を実施しています。また、各種講座やセミナーへ積極的に参加して、学生生活を充実させ、自身の就職活動に対し前向きに取り組んでいくことで良い結果を得られることでしょう。
Q.就職活動の際、短大では何が行われますか?
A.就職希望者に対して年に8回の就職ガイダンスを実施するほか、内定者による就職活動報告会、各種講座、学内企業説明会などを行っています。さらに、校友会主催の卒業生による就職相談会も実施されます。キャリアサポートルームでは、キャリアカウンセラーが常駐し、個別相談に応じており、また、同ルームでは、インターネットを利用した企業情報の検索もでき、求人票や企業のパンフレット、入社試験報告書、卒業生によるアンケートなどが整備され、自由に閲覧できます。
Q.学科・専攻によって就職に有利不利はありますか?
A.特にありません。就職ではまず「人物」が問われます。本学では、短大生としての教養、「在学中に学んだこと」がどれだけ身についているか、そしてそれを世の中にどれだけ役立てていけるかを活かして、各自のライフキャリアデザインと合わせながら就職活動に臨んでいくことが大切です。

子ども学科進路ガイダンス

子ども学科は、前身の児童教育学科(2年制+専攻科)から3年制子ども学科に生まれ変わって、2017年度10期生が巣立っていきました。児童教育学科から通算すると、半世紀にわたる歴史と伝統があり、保育現場では、多くの卒業生が中心を担う働きをしていますので、求人も多く、ほぼ100%の就職率を毎年確保しています。保育現場や福祉施設を中心にしながらも、演劇や写真などの芸術分野、一般企業、編入学などの進路を選択する卒業生もおり、多方面で活躍しています。そのような進路を支えるため、学科では独自のスタイルで進路ガイダンスを12回実施しています。そこでは多方面で活躍する先輩の話を聞いたり、また保育現場に就職する際の留意点を紹介しています。現在保育現場は、従来の「保育園」「幼稚園」の枠組みを超えた保育スタイル、従来の「学校法人」「社会福祉法人」「公立」といった枠組みを超えた経営主体があり、多様性を増しています。多くの社会的需要がありますが、さまざまな点で質的に大きく異なる保育が展開されていることにも留意する必要があります。多くの選択肢・情報の中から、自分の保育観を磨き、展開できる保育の場を「選ぶ眼」を養うことをガイダンスでは重視してきました。また昼休みには専任教員がキャリアサポートルームアネックス※で予約制の個別相談も行っています。さらに卒業後も、卒業生幹事、学科教員が協力し、「子ども研究会」(年1回)を開催し、ニュース(年2回)を発行しています。そこは、卒業生・教員のそれぞれが保育観を見直し学び合う機会、そして楽しい再会の場となっています。なお、認定専攻科である専攻科子ども学専攻(1年制)では、希望者が大学改革支援・学位授与機構に学修成果の論文を提出し、試験を受けて合格することで、4年制大学と同等の学士(教育学)、さらに幼稚園教諭1種免許状の取得ができています。専攻科子ども学専攻では、2017年度は33名が修了しました。年間を通して専攻科生には専攻科ならではの進路ガイダンスを実施、進路希望に応じた進路ガイダンスや個別面談・助言を随時きめ細かく行ない、進路開拓を支援してきています。専攻科子ども学専攻の学生の多くはすでに本科で幼稚園教諭2種免許状や保育士資格を取得しているため、専攻科の1年間、保育所や福祉施設等で有資格者として働きながら学ぶことで研究を発展させ、経験を積むことで進路や適性への考察を深める場合もあります。

2017年度 子ども学科進路状況

進路 人数
子ども学科3年生 専攻科子ども学専攻
社会へ
(就職)
保育/福祉 私立幼稚園 18 7
公立幼稚園 0 2
私立保育園 16 11
公立福祉職 8 2
認定こども園 0 0
施設・学童他 1 4
企業立保育園 7 2
一般企業 10 4
学びの継続 進学 専攻科 27 0
編入学 4 0
留学、専門学校 他 4 0
その他 5 1
総数 100 33

2018年4月1日 現在

進路ガイダンス スケジュール

2年次

6月

第1回 「進路を考えるにあたって」

進路を考えていく前提となる理念や枠組みについて理解します。

9月

第2回 「子ども学科での進路の考え方」

進路を模索していくにあたり、学科として大切にしている考え方にふれ、自らの進路を思い描き始めます。

10月

第3回 「卒業生を囲んで」

さまざまな分野で活躍する先輩を招いてお話を聞き、自分の生き方や将来について考えていきます。2017 年度は、卒業後、幼稚園に勤務、現在はNPO法人職員として医療的ケア児のための保育園をつくっている方、幼稚園教諭を経てアートスクールに通い、現在子どものためのアート教室を主宰している方、民間の児童館職員(児童厚生員)として学童保育や乳幼児親子ひろば活動等のプログラムを担当している方といった3名のOG のお話をじっくり伺いました。

12月

第4回 「企業就職を考える」

子ども学科・専攻科の在学生で企業就職を決めた学生から就職体験を聞き、考えます。

第5回 「公立保育園就職を考える」

卒業後、公立保育園保育士として活躍中のOG を招いて、公務員として保育園で働くことを考えます。

1月

第6回 「卒業する先輩を囲んで」

免許・資格を活用し就職先を選んだ3年生の先輩から、実習経験を聞くと共に、就職活動や仕事の経験談を聞きます。

4月

第7回 「「働くということ」

学科の複数の教員から「働くということ」について考え方や経験談を聞き、進路について考えていきます。全学生に対して進路希望調査を実施し、学生の希望に沿った就職をサポートするための情報を共有します。

第8回 「保育者をめざすにあたって」

保育者をめざす学生は、1年間の就職活動について、留意点や見通し、保育現場の実情などを理解していきます。

3年次

5月

第9回 「編入学について」

編入学を希望する学生は、青山学院大学への推薦編入学を含め、選考方法や留意点について確認します。

7月

第10回 「幼稚園への就職について」

第11回 「保育園・施設への就職について」

保育者をめざす人は、夏休みを前にやっておくべきことを学び、具体的な就職先について検討していきます。

9月

第12回 「実際の就職活動にあたって」

保育者になるための実際の就職活動は10月〜1月頃がピークとなります。この回では、就職活動の具体的な方法や決め方について確認します。