就職

就職

歴史の中で培われた信頼関係、多彩な業界で活躍する卒業生

学生部長 齋藤修三 教授
学生部長
齋藤 修三 教授
Shuzo Saito

「セカンドステージ」を切り拓く学生一人ひとりと親身に寄り添います

昨今は景気の回復で就職環境が良くなっているとはいえ、就職活動においては学生が自らの進路に真剣に取り組む姿勢が望まれます。青山学院女子短期大学が育む、現代を生きる女性に必要な“ 人間のちから”は、コミュニケーション力、課題発見力、関係調整力といった社会人力を支える基盤そのものであり、学生の就職活動に不可欠な基礎体力とも言えるでしょう。その成果は、2017年3月末で内定率97.9%という数字に表れています。これは学生が積極的に活動した成果であり、60余年にわたる卒業生の活躍によって、多くの企業との間に本学が築いてきた信頼関係の賜物にほかなりません。本学では初年次から対話力を磨く少人数ゼミや主体的に人生設計を考えるライフ・キャリア・デザイン科目を導入、またボランティアやインターンなど豊富な体験型の企画、さらにメンター教員が学生一人ひとりの相談相手となり、就活のいろはから親身に相談できるキャリアカウンセラーが常駐するなど、教職員一丸となって卒業後の進路を支援しています。

就職指導スケジュール

マナー・メイクアップ講座

マナー・メイクアップ講座

就職ガイダンス

就職ガイダンス

就職模擬面接講座

就職模擬面接講座

キャリアサポートルーム

キャリアサポートルーム

1年次

4月

新入生向けガイダンス

10月~12月

就職ガイダンス(1年次数回実施)

  • 就職状況報告
  • 就職活動のすすめ方
  • 就職情報サイトの活用について
  • 内定者による就職報告

マナー・メイクアップ講座

内定者による就職活動報告会

1月~3月

就職筆記試験対策講座
(エントリーシート対策講座、SPI 対策講座含む)

筆記試験の傾向や、自分の弱点を知り、春休み等を利用して対策を立てる

就職模擬面接講座

立ち居振る舞い講座

学内企業説明会

2年次

4月

就職ガイダンス

  • 昨年度の状況報告
  • 今年度の動向
  • 就職活動のすすめ方
  • 学校推薦について

公務員希望者への説明会

5月

学内企業説明会

就職Q&A

Q.就職を希望する人の就職率はどうですか?
A.卒業生に対する社会の評価が高く、例年よい結果が出ています。就職活動に関しては、就職ガイダンスなどきめ細かな指導を実施しています。いずれにせよ、社会人としてふさわしい人物を目指して努力すれば、よい結果を得られることでしょう。
Q.短大と大学ではどちらが就職に有利ですか?
A.企業によって短大生と4大生を採用する比率が異なりますので、一概には比較できませんが、本学では、昨今の厳しい就職環境の中、「今後とも青山学院女子短期大学の卒業生を採用したい」と、毎年継続して求人を寄せてくださる企業が数多くあります。
Q.就職活動の際、短大では何が行われますか?
A.就職希望者に対して年に数回の就職ガイダンスを実施するほか、卒業生による就職相談会、内定者による就職活動報告会各種講座などを行っています。キャリアサポートルームでは、キャリアカウンセラーが常駐し、個別相談に応じており、また、同ルームでは、インターネットを利用した企業情報の検索もでき、求人票や企業のパンフレット、入社試験報告書、卒業生によるアンケートなどが整備され、自由に閲覧できます。
Q.子ども学科を卒業すれば幼稚園教諭または保育士になれますか?
A.希望する人は、所定の単位を満たすことによって幼稚園教諭2 種免許状、保育士資格を取得することができます。また、専攻科子ども学専攻では、所定の単位を満たすことによって幼稚園教諭1種免許状を取得することができます。これまで多くの卒業生が、幼稚園、保育所、児童館、児童養護施設、乳児院、病棟保育など、さまざまな場で活躍しています。
Q.学科・専攻によって就職に有利不利はありますか?
A.特にありません。就職ではまず「人物」が問われます。特に、短大生としての教養、つまり在学中に学んだことがどれだけ身についているか、そしてそれを世の中にどれだけ役立てていけるかが重要なことなのです。

子ども学科進路ガイダンス

子ども学科は、前身の児童教育学科(2年制+専攻科)から3年制子ども学科に生まれ変わって、2016年度9期生が巣立っていきました。児童教育学科から通算すると、半世紀にわたる歴史と伝統があり、保育現場では、多くの卒業生が中心を担う働きをしていますので、求人も多く、ほぼ100%の就職率を毎年確保しています。保育現場や福祉施設を中心にしながらも、演劇や写真などの芸術分野、一般企業、編入学などの進路を選択する卒業生もおり、多方面で活躍しています。そのような進路を支えるため、学科では独自のスタイルで進路ガイダンスを12回実施しています。そこでは多方面で活躍する先輩の話を聞いたり、また保育現場に就職する際の留意点を紹介しています。現在保育現場は、従来の「保育園」「幼稚園」の枠組みを超えた保育スタイル、従来の「学校法人」「社会福祉法人」「公立」といった枠組みを超えた経営主体があり、多様性を増しています。多くの社会的需要がありますが、さまざまな点で質的に大きく異なる保育が展開されていることにも留意する必要があります。多くの選択肢・情報の中から、自分の保育観を磨き、展開できる保育の場を「選ぶ眼」を養うことをガイダンスでは重視してきました。また昼休みには専任教員がキャリアサポートルームアネックス※で予約制の個別相談も行っています。さらに卒業後も、卒業生幹事、学科教員が協力し、「子ども研究会」(年1回)を開催し、ニュース(年2回)を発行しています。そこは、卒業生・教員のそれぞれが保育観を見直し学び合う機会、そして楽しい再会の場となっています。

2016年度 子ども学科進路状況

進路 人数
子ども学科3年生 専攻科子ども学専攻
社会へ
(就職)
保育/福祉 私立幼稚園 17 11
私立保育園 14 5
公立福祉職 9 4
認定こども園 2 2
施設・学童他 3 0
企業立保育園 2 1
一般企業 18 2
公務員 1 0
学びの継続 進学 専攻科 32 0
編入学 1 0
留学、専門学校 他 4 0
その他 3 1
総数 106 26

2017年4月1日 現在

進路ガイダンス スケジュール

2年次

6月

第1回 「進路を考えるにあたって」

進路を考えていく前提となる理念や枠組みについて理解します。

9月

第2回 「子ども学科での進路の考え方」

進路を模索していくにあたり、学科として大切にしている考え方にふれ、自らの進路を思い描き始めます。

10月

第3回 「卒業生を囲んで」

さまざまな分野で活躍する先輩を招いてお話を聞き、将来の進路について考えていきます。2015 年度は、卒業後、演劇養成所を経て劇団で役者、青山学院大学教育学科に編入学して、小学校の教諭免許を取得、現在公立小学校の先生、私立幼稚園、保育園で長年保育者として働いているOG のお話を伺いました。

12月

第4回 「企業就職を考える」

子ども学科・専攻科の在学生で企業就職を決めた学生から就職体験を聞き、考えます。

第5回 「公立保育園就職を考える」

卒業後、公立保育園保育士として活躍中のOG を招いて、公務員として保育園で働くことを考えます。

1月

第6回 「卒業する先輩を囲んで」

免許・資格を活用し就職先を選んだ3年生の先輩から、実習経験を聞くと共に、就職活動や仕事の経験談を聞きます。

4月

第7回 「「働くということ」

学科の複数の教員から「働くということ」について考え方や経験談を聞き、進路について考えていきます。全学生に対して進路希望調査を実施し、学生の希望に沿った就職をサポートするための情報を共有します。

第8回 「保育者をめざすにあたって」

保育者をめざす学生は、1年間の就職活動について、留意点や見通し、保育現場の実情などを理解していきます。

3年次

5月

第9回 「編入学について」

編入学を希望する学生は、青山学院大学への推薦編入学を含め、選考方法や留意点について確認します。

7月

第10回 「幼稚園への就職について」

第11回 「保育園・施設への就職について」

保育者をめざす人は、夏休みを前にやっておくべきことを学び、具体的な就職先について検討していきます。

9月

第12回 「実際の就職活動にあたって」

保育者になるための実際の就職活動は10月〜1月頃がピークとなります。この回では、就職活動の具体的な方法や決め方について確認します。

INTERVIEW1
INTERVIEW8

女性がいかに生きていくのかしっかりと見つめ直せた2年間

2015年 3月 現代教養学科 日本専攻卒業

編入学と就職の両方を見据えて
将来はIT業界で働きたいという目標をもっていたので、編入学と就職のどちらの道も選べる青短は、私の希望通りの進学先でした。まずは、専攻にとらわれず「共生学」「社会福祉論」「社会心理学」「現代社会と政治」など興味ある授業を履修。どの授業においても、教養はもちろんですが、社会に出るための心構えや、広くものを見わたす姿勢を培うことができたように思います。また、1年次後期から1年半にわたってお世話になったゼミでは、新聞の気になった記事を毎日切り取り、皆で討論するという課題があり、それまでほとんど読んでいなかった新聞を読むこと、そのニュースをどう考えるのか、視点の違う他者の意見に触れることなど、刺激に満ちた時間をもつことができました。

希望のIT業界で信頼される仕事を
2年次には編入学準備と並行して就職活動を開始しました。目指していたインターネット事業の企業から内定をいただき、このチャンスを生かしたいという思いがわいたことで就職を決心しました。入社して2年目となった現在は、法人のお客様80社ほどを担当し、Web広告やHPのコンサルティング営業を行っています。中には、遠方から出向いてくださるお客様もいて、そうしたお客様に信頼して仕事を任せていただけることに、とてもやりがいを感じています。多くの女性が活躍する企業で、後輩を指導し昇格していくことが、現在の目標です。

INTERVIEW2

自分から動き自分で選択する大切さを知る

2016年 3月 現代教養学科 人間社会専攻卒業

多様な科目から進路を探る
入学時点では、卒業後の進路は就職と編入学のどちらにするのか決めかねていたので、どちらでも対応できるように、積極的にさまざまな授業を履修していました。特に興味のあった「経営学」では、企業の戦略や社会的責任など、今まで消費者の側から見ていた世の中のことを企業の視点で理解することができ、早く社会に出て働きたいと思うようになりました。また、「社会心理学」や「流通論」などの科目も、世の中の仕組みを知る手掛かりとなりました。このように多くの学びを通して、自分にとって関心あることがらを選択していく力が身につきました。

卒業論文を書き上げて、社会へ
2年次は、学生生活の集大成となる卒業論文を完成するために、経営学に関するゼミに力を入れました。ゼミの先生には授業だけでなく、就職のことについてもたくさんのアドバイスをいただきました。就職活動では、業界ではなく女性がイキイキと働くことのできる企業に焦点を絞り込んだ結果、セカンドライフ支援の制度が充実しているサマンサタバサへ。プロの販売員として店頭に立ち接客業務を担当しています。学生時代に打ち込んだ茶道部で身につけた所作は接客にとても役立ったと思います。現在は、素敵なおもてなしができるように積極的に新聞や雑誌を読んだり、色彩検定などの資格を取得したり、勉強の日々を送っています。学生時代に取得したファイナンシャルプランナーの資格はより上の級にも挑戦中です。今後は、海外のお客様にもファンになっていただけるよう、英語も勉強したいと考えています。

INTERVIEW3

会社の顔となる広報部で周りの方々の仕事をサポート

2014年 3月 現代教養学科 日本専攻卒業

頼られる存在を目指して
日清食品ホールディングスの広報部に所属し、伝票処理や庶務全般、広報担当役員秘書などを主な業務としています。サポート役にまわることが多い仕事ですが、自分の行動ひとつで周りの方の仕事のしやすさが変わるのではないかと、常に先読みした行動を心がけています。また、広報部の代表電話をとるのも私の主要な業務です。毎日数多くの電話がかかってきますが、青短時代に学んだ「正しい日本語」が役に立っています。会社の名を汚さぬように、これからも気を引き締めて電話対応をしていきたいと思っています。

多くの人に助けられた青短時代
私は、青短で関わった方たちに何度も助けられました。学びたいという思いに全力で応えてくださった先生方、不安なことがあった時に一番に相談できた職員の方々、学生時代をともに楽しみながら切磋琢磨した友人たち。社会に出た今、青短で助けられた温かい人間関係をこれからは自分からつくり上げ、業務では「米野さんに聞けばわかる」と言ってもらえるようになりたいと考えています。

INTERVIEW4

頼りになる人事パーソンを目指して
多くの人をバックアップ

2009年 3月 英文学科 英文学専攻卒業

従業員のためにできること
本社での総務本部と人事本部の仕事を経て、現在は第二本社である川崎事業所の人事部に所属しています。事業所人事の仕事は、総務・人事・渉外など多岐にわたるため、本社勤務時代よりも幅広い経験ができ、やりがいを感じています。メーカーにおいての人事の役割は、従業員一人ひとりが最大限に能力を発揮できるよう、制度や環境を整え、社員を支えていくことだと考えています。「人事と言えば二木さん」と、私を頼りにしてくれる方が増えるよう仕事に取り組んでいます。

就職に強い青短を実感
学生時代は、少人数の授業を通して実践的な英語を学ぶとともに、文化祭実行委員では広報を担当、多くの友人たちと充実した日々を送ることができました。そのときの友人たちは多方面で活躍しており、卒業後の現在も、お互いを刺激し合えるいい関係が続いています。キヤノンには青短出身の先輩や同僚が多く在籍しており、人事や経理といった管理部門のほか、製品に関わる部署でも活躍しています。キヤノンには継続的な採用実績があり、私も青短で貴重なチャンスをいただけたことに感謝しています。

INTERVIEW10

エアラインセミナーを受講し
目標の客室乗務員に

現代教養学科 国際専攻2年

航空業界に強い青短へ
高校卒業後、ハンガリーへ2年間のバレエ留学に行っていましたが、プロの道は厳しく帰国。次の目標を考えたとき、語学を生かせるCAにたどりつきました。そうした理由から、航空関係の就職に強く、英語力を磨くことのできる青短の国際専攻に入学しました。実際に入学してみると、少人数で行われる英語の授業では、個々のレベルに合わせて指導してくださり、思った以上に英語力を伸ばすことができました。

さまざまなサポートでバックアップ
青短では、入学当初から就職のためのガイダンスや、模擬面接講座など、多くのサポートがあります。特にエアラインセミナーは、大きな力となりました。セミナーでは、話を聞いているときの表情や言葉づかいなど、細かいところまで指摘していただきました。無事にANAからの内定をいただいたときは、キャリアサポートのスタッフの方々も一緒に喜んでくださいました。ようやくスタートラインに立てたところですが、今後はお客様と向き合いおもてなしをする中で、人と人とのつながりを大切にしていきたいと思います。

INTERVIEW11

卒業生や専門スタッフの方からの
アドバイスを力に、希望の企業へ

現代教養学科 人間社会専攻2年

入学当初から就職への準備がはじまる
興味ある分野を幅広く学んで、思いきり学生生活を楽しんでから社会に出たいと考え、青短に入学しました。青短では卒業後のセカンドステージについて、「ライフ・キャリア・デザイン」の授業や就職ガイダンスなどを通して、入学直後からさまざまな場面で考えることができました。また、学内で行われるメイクアップの講座やSPI試験対策、言葉づかい、面接などの就職活動に必要な実践的な講座には、ほとんど参加して準備しました。

組織にとって必要とされる存在に
就職活動で重要とされるエントリーシートの作成では、キャリアサポートルームのスタッフ方に何度も添削をしていただきました。また、卒業生とも連絡をとって、具体的なアドバイスをいただき、青短のサポート力の強さに助けられました。卒業後は、生活に密接した食品メーカーでの事務職として、他のスタッフの業務を支えていくことになります。常に周りを見渡すことができ、安心して仕事を任せてもらえる人材になりたいと思っています。