子ども学専攻Q&A

専攻科とは

Q1. 専攻科とは何ですか?
A1. 学科の学びを深めるための機関として専攻科が置かれています。大学の学部を修了したあと大学院の研究科で学びを深めるようなイメージでしょうか。子ども学科では前身の児童教育学科に児童教育専攻が置かれていました。他学科では2013年度まで国文専攻、英文専攻、家政専攻、教養専攻及び芸術専攻が置かれていましたが、2014年度からは子ども学専攻、現代教養専攻及び多元文化専攻が立ち上げられました。そして、3つの専攻すべてが「認定専攻科」です。
Q2. 認定専攻科とは何ですか?
A2. 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の認定を受けた専攻科のことで、学科と認定専攻科を合わせて4年以上にわたる学修によって所定の単位を修得することなどで、大学の学部を卒業するのと同じ学士の学位を取得することができます。ただし大卒とは厳密には異なります。

子ども学専攻とは

Q3.子ども学専攻の概要を教えてください。
A3.次の表にまとめましたのでご覧ください。
  子ども学専攻 現代教養専攻 多元文化専攻
修業年限 1 年 1 年 2 年
入学定員 30 名 60 名 10 名
開設年度 2014 年度 2014 年度 2014 年度
修了要件 32 単位 32 単位 62 単位
基礎とする学科 子ども学科 現代教養学科 現代教養学科
Q4. 子ども学専攻で資格等を取得することはできますか?
A4. 幼稚園教諭一種免許状の課程が置かれています。

学士の学位について

Q5. 本学子ども学科卒業後、子ども学専攻において定められた単位を修得すれば、学士の学位が取得できるのですか?それはいつになりますか?
A5. 修得した単位の証明書やレポートを添えて大学改革支援・学位授与機構に学位授与の申請を行う必要があります。さらに試験を受け、これに合格すると学士の学位が授与されます。学位の取得時期については、①専攻科在学中に修了見込みで申請し(9~10月)、専攻科修了と共に授与される場合と、②専攻科修了後に申請し(3~4月)、9月下旬頃に合否が通知される場合があります。詳細については、大学改革支援・学位授与機構のウェブサイトなどを参照してください。
Q6.子ども学専攻において、学士の学位を取得することは必須ですか?
A6.いいえ、必須ではありません。学士の学位を取得せずに修了することも可能です。ただし、幼稚園教諭一種免許状を授与されるためには、学士の学位を有することが必要なので、注意してください。
Q7.専攻科児童教育専攻の修了生です。子ども学専攻に進学したら1年で学士・幼免1種を取得できますか?
A7.子ども学専攻は3年制の短大を基礎として作られています。専攻科児童教育専攻を卒業していても基礎資格は2年制の短大出身となりますので、1年で学士・幼免1種は取得できません。ただし、短大卒業あるいは専攻科修了後、他大学あるいは他認定専攻科などで単位を取得している場合はその限りではありません。詳しくはお問い合わせください。

カリキュラム

Q8.子ども学専攻には、どのような授業科目があるのですか?
A8.本学子ども学科における学びを深化させた授業科目が用意されています。詳細については、講義科目一覧とシラバスを参照してください。

進路・就職

Q9.学士の学位を取得すると、大学院の受験資格が得られるのですか?
A9.はい、受験することができます。しかし、受験資格は大学院の研究科が個々に定めているので、念のため募集要項などでも確認を取ってください。
Q10.認定専攻科での学びを経て学士の学位を取得すれば、応募資格に「大学・大学院を卒業見込み」などと掲げている企業にも応募することができるでしょうか。
A10.他短期大学の認定専攻科の例を見ると多くの場合可能なようですが、応募資格は企業、地方自治体等が個々に定めているので、応募したいと考えている企業等に自分で予め応募資格があるかを問い合わせる必要があります。大学改革支援・学位授与機構による学士の学位の取得が企業等に認知されていないということも考えられるため、企業等に対する説明の必要な場合があるかも知れません。
Q11.認定専攻科での学びを経て取得する学士の学位は大学が授与する学士の学位と同等とのことですが、就職活動の際にそれをどのように説明すればよいでしょう。
A11.大学改革支援・学位授与機構のウェブサイト(http://www.niad.ac.jp/)でも「大学改革支援・学位授与機構で授与する学位は大学が授与する学位と同等」と明言されているので、これなどを示して説明するのがよいのではないかと思います。

その他

Q12. 学位の申請に手数料はかかりますか?
A12. 2019年度の学位審査手数料は32,000円です。