カリキュラム

子ども学科の授業

子どもをキーワードに、社会と人間の関係性から子どもの
全体像を探求する多彩な科目群を通して学ぶことができます

子どもをキーワードに、社会と人間の関係性から子どもの全体像を探究する多彩な科目群を設置。特に、子どもが生活する場でのフィールドワークを貴重な体験学習として重視しています。また、少人数で行われるゼミナールでの、学習・討論・見学・論文執筆・作品制作により、自分から働きかけ解決していく姿勢を身につけます。

3年間の「子ども学科」学びの構造

3年間の「子ども学科」学びの構造

少人数制のゼミナール紹介『子ども学特別研究』

子ども学特別研究は卒業研究につながる2年次と3年次の2年間を通じて継続的な学びをしていくゼミナールです。2年間の学びは卒業論文・卒業制作としてまとめられ、その成果は特別研究発表会で発表され、さらに『児童教育研究』の刊行へとつながります。

子ども学特別研究01
子ども学特別研究02

教育と保育の領域

●Aグループ
幼稚園、保育、保育内容の研究
●Bグループ
現代の幼児教育・保育の研究
●Cグループ
現代教育の歴史的、原理的研究
●Dグループ
教育・保育に関する国際比較研究

こころとからだの領域

●Eグループ
こころとその育ちに関する研究
●Fグループ
家族、親子、ジェンダー研究

福祉とケアの領域

●Gグループ
知的しょうがい児者に関する研究
●Hグループ
乳幼児の保育施設や家庭での保育の研究
●Iグループ
子どもと家族の福祉とケアの研究

芸術と文化の領域

●Jグループ
美術・造形作品の創作と研究
●Kグループ
音楽に関する研究
●Lグループ
絵本、児童文学とその周辺の研究
●Mグループ
身体表現に関する創作と研究
●Nグループ
音楽の創作、演奏と音楽に関する研究