共通教育科目

共通教育科目

現代を賢明に、豊かに生きるための基礎を築く

現代を賢明に、豊かに生きるための基礎を築くという観点から、五つの科目群が配置されています。自分をさまざまな観点から捉える力や人間関係を調整する力を身につける「キリスト教学」、課題を発見する力を育む「ライフ・キャリア・デザイン(LCD)科目」、コミュニケーションをとる力を育成する「外国語科目」、分析し判断する力を養う「情報科目」、そして「健康科目」では、社会の中で行動する力を身につけることを目標としています。また、教員免許状等を取得するための課程、司書を養成するための課程、外国人留学生のための日本語科目も用意されています。

カリキュラム

共通教育科目のカリキュラム

Close-up科目

ライフ・キャリア・デザイン(LCD
共通教育の英語科目
体育実技(ピラティス)
キリスト教学実践B
短期語学留学A・B
情報処理Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

ライフ・キャリア・デザイン(LCD)

女性の生き方(ライフ)という視点から、働くことや学ぶこと(キャリア)について考えます。LCDⅠ(必修)は、これからの長い人生における生き方や働き方を考え、社会人となる心構えを醸成するとともに、短大時代の学びにつなげます。LCDⅡでは、企業組織の中で具体的にどのようにキャリアを積んでいくのかを学びます。LCDⅢ-Aは、業界研究・職種研究・企業研究を行い、LCDⅢ-Bでは、プレゼンテーションやグループワークを通して、社会に通用するコミュニケーション力や考える力を養います。また、LCD科目では、OGや企業の経営者、人事の方等をお招きして講話をしていただき、より具体的なキャリア形成のイメージを持てるようにしています。

共通教育の英語科目

本学共通教育科目には多彩な英語科目が開講されています。共通英語A〜G には、英語の児童文学、時事英語を学ぶ科目や、映画で英語を学ぶ科目だけでなく、英語の苦手な人向けの基礎クラスもあります。応用英語A〜Dの中の一つ、Japanese Culture は、日本の文化、伝統、習慣を英語で学び、英語で説明することを目的としたものです。自由選択の英語科目であるCommunication Skillsでは、口頭での英語表現能力の向上を目指しています。他には、TOEIC®対策、編入学対策の科目も用意されています。これら多彩な英語科目で、自分の目的に沿って、楽しく、効率的に英語を習得してください。

体育実技(ピラティス)

ジョセフ・ピラティスによって考案された、呼吸とコアの意識に重きを置いたエクササイズを行いながら、しなやかで美しくバランスのとれた、女性らしい身体作りを目指します。セラバンド、スモールボール、ビッグボール等を用い、身体への意識が高まるよう授業を進めていきます。

キリスト教学実践B

「世界一の親日国」と言われる台湾と日本の歴史の「光と影」を多角的に学び、台湾のキリスト教会と社会の課題-共生・大震災からの復興・教会の社会的使命・女性、若者のリーダーシップなど-を様々な出会いをとおして学びます。観光では味わえない、特別な旅です。

短期語学留学A・B

英語でのコミュニケーション能力を養うには、英語を勉強することも大事ですが、実際に英語を使ってみることも必要です。短期語学留学A・Bでは、みなさんに、オーストラリアの語学学校で英語を学ぶ機会だけでなく、現地での生活の中で実際に英語を使う機会を提供します。

情報処理Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

情報処理Ⅰではコンピューター概論と文書作成、インターネット利用技術といった基礎的スキルを、Ⅱでは、データの集計・分析に必要な表計算ソフトウェアの利用技術を学びます。情報処理Ⅲでは既存のソフトウェアを利用するのではなく、プログラミングの初歩を学びます。