カリキュラム

国際専攻のカリキュラム

Close-up科目

Intermediate College English(INCH)ⅠA・B

Intermediate College English(INCH)ⅠA・B

1年次に受講するIntroductory College English A~Dの発展科目。環境、世界の中の日本、女性の地位、健康などさまざまなトピックについてインプット(読解・聴解)とアウトプット(会話・作文・口頭発表)の練習を重ね、英語を理解する力、英語で考える力、英語で伝える力を身につけます。

対照言語学

対照言語学

日本語と英語の相違を音声、文法、語彙・意味などの点から、多くの実例を示しつつ検討しています。そうすることにより、普段、無意識に使用している母語の日本語の様相や特質を浮き彫りにし、母語を改めて意識的に理解することができ、母語の使い方も洗練されることでしょう。

イギリス文学史B

イギリス文学史B

この科目では、イギリスの歴史的背景と社会構造をあわせて学びながらその文学を時代順に概観します。前期はイギリスの創成期から近代社会が成立する18世紀まで、後期は19世紀ビクトリア朝から現代までを扱います。原文の抜粋と同時に映画や絵画、音楽も資料として味わいます。

文化交流

文化交流

文化交流の歴史について学ぶこの授業では、芸術文化の中で重要な一側面である美術を中心に取りあげます。ヨーロッパにおいて、特定の地域で生まれた美術が、異なる地域にどのように伝播していったのか、旅や観光といった文化現象を基軸としながら、比較文化的な視点からその影響関係について考えます。

卒業演習

国際専攻の卒業演習では、英米の文化・歴史・文学、言語学や異文化コミュニケーションをはじめ、マイノリティーや人種の問題、比較文化論や文化交流など、幅広いテーマをカバーしています。主体的に問題を設定し、本を読み進め、教員や他の学生と議論するのは他専攻と同じですが、多くのクラスで何らかの形で英語と接する(主に文献講読)点に特色があります。

国際専攻主催 スピーチコンテスト
国際専攻主催 スピーチコンテスト

英語によるスピーチでプレゼンテーション力を養います

国際専攻では毎年1年生を対象とするスピーチコンテストを行っています。参加者は統一テーマのもとで原稿を作成し、専攻の特別科目ICE、INCHを担当するインターナショナル・ティーチャーズ(IT)の個別指導を受けながら練習を重ねます。

コンテストはICEの授業の時間に行われ、全1年生が参加者のスピーチを聴き、2年生を中心とする専攻のボランティアの学生が、当日の司会を担当するなど、運営を支えます。 審査員はITが務め、英語力、内容、表現方法の観点から評価し、1位〜3位、審査員特別賞を選びます。

このコンテストは学生の英語の能力を磨くだけでなく、自らの意見をまとめ、プレゼンテーションする力を養う機会になっています。