資格取得

資格取得

青山学院女子短期大学では、幅広い基礎教養を培う学びとともに、学生個々の進路の可能性を拡げるために免許や資格の課程を用意しています。中学校教諭・幼稚園教諭・保育士資格・司書資格、そのどれもが単に資格取得だけを目指すものではありません。短大での学びを基盤とし、フィールドワークとしての実習では、生徒や乳幼児の生活する場に赴き、実体験を通して学びを深め、理論と実践の融合を目指し、教育、福祉、図書館の本質に迫ります。

取得可能な資格

現代教養学科 日本専攻 中学校教諭2種免許状「国語」
司書(図書館)
国際専攻 中学校教諭2種免許状「英語」
司書(図書館)
人間社会専攻 中学校教諭2種免許状「社会、家庭」
司書(図書館)
子ども学科 幼稚園教諭2種免許状
保育士
司書(図書館)
専攻科子ども学専攻 幼稚園教諭1種免許状

免許及び資格取得者数

中学校教諭2種免許

年度 日本 国際 人間社会 合計
2016 10名 14名 10名 34名

幼稚園教諭2種免許

年度 子ども
2016 103名
2015 94名
2014 102名
2013 100名

※専攻科・科目等履修生を含む

保育士資格

年度 子ども
2016 79名
2015 91名
2014 81名
2013 94名

※科目等履修生を含む

司書資格

年度 日本 国際 人間社会 子ども 合計
2016 15名 2名 14名 1名 32名

※専攻科・科目等履修生を含む

アオタンVOICE!
アオタンVOICE1

中学校教諭2種免許状

青短で学んだ「教育心理学」がさまざまな個性をもつ生徒たちに活かされています

2011年 3月 家政学科卒業
中学校勤務

青短では、短大生活を充実させたいという思いから、中学校教諭2種免許の資格が取得できる教育課程を履修していました。そんな私が家庭科の教師になりたいと本気で思うようになったのは、教育実習を体験したことがきっかけでした。採用試験に向かって遅いスタートでしたが、青短で学んだ「教育心理学」をはじめとする多くの科目で得た知識や考える力が、その後の助けとなったと感じています。現在は、特別支援学級担任、家庭科教諭として毎日生徒に深く関わりをもって接しています。この仕事の喜びは、さまざまな場面で「ありがとう」と言われることです。今後は、特別支援学校教諭免許も取得して、さらに多くの方の力になりたいと考えています。

アオタンVOICE2

保育士・幼稚園教諭2種免許状

豊かな心を大切にと育まれた子どもに寄り添う
という学びを通じて資格取得

2016年 3月 子ども学科卒業
幼稚園勤務

高校3年生の時の子育て支援センターのボランティアがきっかけで、子どもに関わる仕事に就きたいと、青短へ進学。青短は人間性を高めるための授業が多いことが魅力。内容も保育のための授業というより、自分の気持ちを豊かにするものが中心です。学びのなかで得たのは、資格を取ることだけが目標ではなく、そのための実習や経験が自分の大きな宝になるということ。現在は幼稚園教諭として働いていますが、毎日が新鮮で子どもたちから学ぶこともたくさんあります。一人ひとりの子どもたちの中にある“ ちいさな世界” どんなに小さなことでも面白いと感じられることは、青短での学びがあったからだと思っています。これからもその“ちいさな世界”を大切にしながら、子どもたちの成長を温かく見守っていける保育者になりたいと思っています。