展覧会「掛井五郎 絵巻展」・講演会「掛井五郎のお話」開催のお知らせ

日本を代表する彫刻家のお一人として著名な掛井五郎氏の展覧会と講演会を開催いたします。
掛井五郎氏は1962年から1996年まで、本学において児童教育学科、芸術学科で教鞭をとられ、短大礼拝堂の十字架をはじめ、学内、学院内には氏の作品が多く所蔵されています。
敬虔なクリスチャンとしてキリスト教をテーマとする作品を多く制作されている掛井五郎氏が、このたびその集大成ともいえる大作である絵巻とドローイングを初公開されます。
また展覧会にあわせて講演会を開催いたします。この講演会は短大同窓会童友会・芸術学科会協賛として、掛井先生をお慕いする多くの卒業生が準備・運営に協力されています。
どうぞこの機会に、貴重な展示作品、学内に設置されている彫刻の数々をご観覧いただき、先生のお話をお聞きくださいますよう、ご案内申し上げます。

掛井五郎氏略歴
1930 静岡市音羽町に生まれる/1953 東京藝術大学彫刻科卒業/1957 第21回新制作展「受胎告知」を初出品、新作家賞/1965 第8回サンパウロ・ビエンナーレ「アダムとイヴ」を出品/1968 ベラクルス大学(メキシコ)客員教授(〜1970)/1976 「バンザイ・ヒル」 第7回 中原悌二郎賞優秀賞/1981 「蝶」 第2回 高村光太郎大賞展優秀賞/1992 「立つ」 第23回 中原悌二郎賞/1993 「掛井五郎版画作品集」 出版/1996 青山学院女子短期大学退職/2001 新制作協会脱会/2009 「AT WORK KAKEI 掛井五郎作品集」 出版

展覧会「掛井五郎 絵巻展」
日時:2014年5月26日(月)〜6月21日(土)(日曜日休み)
   10:00〜17:00(土曜日は15:00まで/7日は16:00まで)
場所:短大ギャラリー

講演会「掛井五郎のお話」
日時:2014年6月7日(土) 14:00〜15:30(開場13:30)
場所:短大礼拝堂

2014.05.12