4月6日(土)現代教養学科オリエンテーションが行われました

 新入生のための現代教養学科オリエンテーションが、4月6日(土)に行われました。本学卒業生5人をお招きし、大学時代の思い出や、キャリア形成の歩み、そして新入生へのアドバイスなど、たくさんのお話をしていただきました。
 大槻香代子さんは1993年英文学科卒業生。卒業後アメリカ、イギリスに留学して建築学を修め、英国建築士資格を取得、現在は建築デザイン会社BAKOKO代表。手がけた建築デザインの写真を沢山見せてくださり、新入生から感嘆の声があがりました。
 濱上亜紀子さんは2001年家政学科卒業生。青山学院大学経済学部編入を経て、日産自動車に入社、様々な業務を体験し、子育てしながらお仕事を続けています。
 立石郁さんは2006年国文学科卒業生。在学中からラジオ局でADなどを担当し、卒業後はライターなど一環して編集の仕事に携わってきました。現在はFICCに勤務しています。
 黒須綾奈さんは2006年国文学科を卒業し、専攻科国文専攻に進学しました。修了後はお茶の水女子大学の科目等履修制度で単位を揃え、ぴあ入社後に学位授与機構の認定試験を受け、2009年に学士の学位を取得しました。現在は吉本興業に出向しています。
 佐々木夏歌さんは2010年国文学科卒業生。在学中からnaccaとしてピアノ弾き語りの音楽活動を始め、卒業後もアーティストを続けながら様々な社会運動に関わっています。
 卒業生たちは青短を、「帰ってくる場所」「心のよりどころ」と言い、新入生たちに、「自分のほんとうにやりたいことを見失わないで」「自分を信じて進んでください」「時には焦らず立ち止まることも必要ですよ」と様々なアドバイスをしてくださいました。
 20代、30代の若い先輩たちの単線的ではないキャリアを目の当たりにし、新入生達は卒業後の多様な進路の可能性に気づき、自分のキャリアデザインを考える機会になりました。

黒須綾奈さん

佐々木夏歌さん

大槻香代子さん

立石郁さん

濱上亜紀子さん

輪島達郎先生

 「撮影協力:写真部」

2013.05.09