岩手県宮古市との連携協力に関する協定を締結しました

本学は東日本大震災被災地支援ボランティア活動を通じて交流を深めてきた岩手県宮古市と、このたび連携協力に関する協定を締結しました。この協定は宮古市の市政と市民活動など、並びに本学の教育と研究などの発展に寄与するためのものです。
8月4日(月)、宮古市民総合体育館にて開催された「青山day」に先だって行われた締結式で、八耳俊文学長が山本正徳宮古市長と協定書を取り交わしました。式には宮古市から山口公正副市長、名越一郎副市長、伊藤晃二教育長、熊谷立行教育部長が、また青山学院からは本学の河見誠副学長、吉岡康子宗教主任と西川良三高等部部長、敷島洋一中等部部長も参列しました。
この協定により、宮古市と本学は、教育、文化など様々な活動で相互連携を図っていきます。

宮古市と本学の旗が掲揚された締結式会場

山本正徳宮古市市長(右)と八耳俊文学長

2014.09.01