WEEKDAY CAMPUS VISIT 開催報告

5月3日(火)、5日(木)、高校生対象の「授業公開型オープンキャンパスWEEKDAY CAMPUS VISIT(WCV)」を開催しました。両日とも晴天に恵まれ、新緑の美しいキャンパスで、高校3年生を中心とする多くの参加者に、子ども学科、現代教養学科の学びを体験していただきました。
WCVは、大学の普段の授業に高校生が参加し、その大学、学科・専攻を深く知り、「大学の見方」を学びます。授業参加の前後にガイダンスと振り返りを行うことで、より深い気づきを得られるプログラムになっています。
3日は午前中に現代教養学科日本専攻の2年生ゼミ、5日は午前午後に子ども学科の2年生、3年生ゼミ、午後に国際専攻の1年生ゼミと、学科専攻ごと特色のあるゼミが多数公開されました。また両日ともインターナショナルティーチャーズによる英語の授業も公開され、ゼミと同様に少人数の学びを経験していただきました。
講義科目では2学科共通の共通教育科目、現代教養コア科目、現代教養学科の3専攻、子ども学科それぞれの科目がバランス良く公開され、またワークショップ、キャンパスの自然探検、実技など多様なスタイルの授業もありました。ガイダンスで「現在の志望学科の授業だけでなく、あえて別の学科の科目も一つ選んでみる」とアドバイスを受けたことで、積極的に学科専攻にとらわれない科目選択をした参加者が多くみられました。
グループワークで行われるガイダンスでは、はじめは緊張している参加者もいるようですが、授業参加を経た午後の振り返りでは、自分が受講した授業の内容、感じたことをグループのメンバーに生き生きと話している姿が多く見られました。このようにガイダンス、振り返りでも、授業と同じように積極的に参加することの重要性に気づき、同じ関心を持つ者どうしによる相乗効果が得られるのが、WCVの特徴です。
またプログラムの最後に在学生によるメッセージの時間を設けていますが、充実した学生生活を送っている先輩たちの話に対する関心度の高さが、アンケートのコメントにも表れています。
1日大学生の体験から、様々な気づきを得られた参加者の方々の感想を一部ご紹介します。
次回は6月15日(水/千葉県民の日)、また後期には10月10日(月)、11月3日(木)に行う予定ですので、どうぞ奮ってご参加ください。

5月3日(火)

卒業演習Ⅰ(日本専攻)

卒業演習Ⅰ(日本専攻)

Introductory College English ⅠA

ワークショップ・人間と表現

日本古典文学史Ⅰ

共生の文学

日本文化研究D

イギリスの文化と社会A

社会学A

発達心理学Ⅰ

造形表現Ⅰ

現代社会と保育

振り返り

在学生メッセージ

5月5日(木)

学長によるウェルカムメッセージ

科学と社会A

共通英語E

子ども学特別研究Ⅰ

子ども学特別研究Ⅰ

子ども学特別研究Ⅰ

子どもと環境

子ども学特別研究Ⅲ

学問入門演習(国際専攻)

学問入門演習(国際専攻)

学問入門演習(国際専攻)

学問入門演習(国際専攻)

振り返り

在学生メッセージ

2016.05.06