WEEKDAY CAMPUS VISIT開催報告

10月10日(月)、高校生対象の「授業公開型オープンキャンパスWEEKDAY CAMPUS VISIT(WCV)」を開催しました。
WCVは、大学の普段の授業に高校生が参加し、その大学、学科・専攻を深く知り、「大学の見方」を学びます。授業参加の前後にガイダンスと振り返りを行うことで、より深い気づきを得られるプログラムになっています。
この日は午前中に現代教養学科日本専攻の専攻基礎演習、人間社会専攻の卒業演習があり、学生の発表を聞くなど、本学の特徴である少人数の学びを経験していただきました。
講義科目では子ども学科、現代教養学科3専攻の科目が公開され、参加者からは「もっと他の授業も受けてみたい」「(2コマの授業体験に対して)もう1限あればいい」といった感想もあげられました。
授業参加後の振り返りでは、90分という授業時間に対して、「長い」「あっという間」という両方の感想が出ましたが、共感する気づきにシールを貼るワークでは、短く感じたという付箋紙に多くのシールが貼られていました。また、「ガイダンスや振返りの時間がたっぷりあって、すごく身になった気がする」「(グループワークによって)気づくことができなかった部分に気づけてよかった」「自分から積極的に話かけることができた」という感想からは、授業体験だけではないWCVの魅力が伝わってきます。

次回は11月3日(木)に開催します。どうぞ奮ってご参加ください。

ガイダンス

専攻基礎演習(日本専攻)

専攻基礎演習(日本専攻)

言語科学B

卒業演習Ⅱ(人間社会専攻)

教育心理学Ⅱ

礼拝

家庭経済学

日本芸能史Ⅱ

保育内容特講Ⅲ

振り返り

在学生メッセージ

2016.10.13