「三味線ワークショップ」が開催されました

現代教養学科日本専攻主催の「日本を感じる!ワークショップ“邦楽の魅力にふれる”」が11月30日(水)18時より、鹿倉由衣先生(東京藝術大学教育研究助手)のご指導のもと、開催されました。
ワークショップの前半は、先生のご専門である三味線についてのレクチャーで、楽器の素材や仕組み、歴史や歌舞伎音楽とのかかわりなどを、演奏を交えて分かり易く解説してくださいました。ワークショップ後半では、実際に三味線の演奏に挑戦し、丁寧なご指導のおかげで初心者である参加者全員が〈さくらさくら〉を演奏できるようになり、非常に達成感のあるプログラムとなりました。締めくくりは鹿倉先生による演奏で、歌舞伎の代表演目である《勧進帳》からの一場面にすっかり引き込まれ、もっと邦楽の魅力にふれてみたいと思うひとときとなりました。
「私たちが自然から恵みを頂いて生きているのと同じで、三味線が自然の素材から作られていることを感じて演奏すれば楽器がよく鳴る」「日本の伝統芸能は師匠の真似をして学ぶ。自分の稽古の順番を待っているときも、隣の人から学んでほしい」というメッセージが印象的でした。

参加者からは「初めて三味線にふれて、弾いて、すごい体験ができ楽しかった」「三味線の楽しさ、難しさを知ることが出来た」「歌舞伎や日本のことを学べて良かった」「歌舞伎を観に行ってみたいです」「日本文化や歴史の解説もしてくださり、実技に入りやすかった」などといった感想が寄せられました。
日本専攻では今後もワークショップを企画しており、学生が日本文化に触れる機会を提供していきます。

2016.12.03