「アートでつながる壁画プロジェクト」宮古市の小学生による2回目のワークショップを行いました

10月26日、岩手県宮古市立磯鶏小学校にて「アートでつながる壁画プロジェクト」の第6回制作ワークショップが、岩手県宮古市教育委員会との共催により行われました。

宮古市の小学生の制作ワークショップは2回目です。今回は壁画が設置されるフェリーターミナルに近い磯鶏小学校の4年生44名と担任の先生1名が参加しました。制作サポートは、Blue Birdとして昨年8月に宮古市でボランティア活動を行った2名の2年生が、教員2名とともに担当しました。
児童たちは壁に掲示された写真を参考にしながら、思い思いの「海の生きもの」を描き、終了後には「ちょっと難しかったけど良い体験になったので良かったです」「次もやってみたくなりました」「難しかったけど面白かったので良かったです」といった感想が語られました。

小学生が参加する[壁画A]は264枚のパーツが組み合わされますが、その内186枚の制作が完了しました。残りは12月7日に、青山学院初等部美術クラブの児童によって制作される予定です。

最後のメッセージは磯鶏小4年生の標語「It’s Show Time!」

2017.10.30