【学生部ニュース】「テーブルマナー講座」が実施されました

 12月16日(土)アルカディア市ヶ谷で「テーブルマナー講座」が実施されました。この課外活動には短大から希望者25名が参加しました。
 講座ではまず、マナーとエチケットの違いが解説され、他人を不愉快にさせないように、服装選び、会場への到着、着座から退出までの気配りが自然にできるようにつとめることがポイントであると学びました。
 つぎに、講師の実演を見ながら、実際に料理を楽しみつつ、ナイフとフォーク、スプーンの使い方、グラスの種類やドリンクの飲み方などを学びました。マナーの由来と変遷についての講義はとても興味深いもので、時代とともに更新されゆく食文化のあり方を知ることができたと思います。また、最近のテーブルでは珍しくなった、魚まるまる一匹をナイフとフォークで切りさばく方法や、リンゴ、バナナ、メロンなど果実を切りわけてゆく方法が丁寧に解説されました。
 開始当初は緊張感はりつめる会場でしたが、メイン、サラダ、デザート、フルーツと終盤に差し掛かると学生の表情もやわらいできました。ホストとゲストがいっしょに料理を楽しむことがなによりのマナーであったと体験できたのではないでしょうか。

2017.12.20