岩手県宮古市でオール青山による活動を実施しました

本学の第15回東日本大震災被災地支援ボランティア活動において、「Blue Bird」31名と引率教員2名、青山学院大学「MF 3.11 東北応援愛好会」のメンバー、高等部の生徒14名と引率教員4名、初等部生2名とそのご家族、青山学院大学・短大の職員5名による青山学院宮古応援チームが、8月4日(土)、岩手県宮古市田老にて「グリーンピア三陸みやこ夏まつり」を開催しました。

短大と高等部が宮古市での活動の宿泊拠点としているグリーンピア三陸みやこは広大な敷地にプールや体育館などのスポーツ施設を備えた宮古市所有のホテルです。津波被害の大きかった田老地区に近く、震災直後、避難所として多くの被災者を受け入れ、敷地内のグラウンドやテニスコートに建てられた仮設住宅に407世帯、約1,000人の被災された方々が生活されていました(2017年度末で仮設住宅からの移転が完了)。
Blue Birdの活動ではこれまで本学OGのフラメンコダンサー大塚友美さんによるコンサート(2012年)、お楽しみ会(2014年/大学生・高等部生との合同)、BBQパーティ(2016年)などを企画し、仮設住宅に暮らす方々と交流してきました。

この夏は、2017年〜2018年にかけてAOYAMA VISIONを実現する事業として実施された「アートでつながる壁画プロジェクト」で制作された壁画を見に行くこと、宮古市と青山学院の交流を一層深めるためにグリーンピアでイベントを開催すること、この二つを目的にオール青山の活動を企画し、大学「MF3.11東北応援愛好会」、短大Blue Bird、高等部の日程にあわせて、幼稚園・初等部のご家族、青山学院の教職員への参加を呼びかけました。
このプログラムはAOYAMA VISION 推進事業「教職員ボランティア活動補助プログラム」の適用対象として、教職員参加者には参加費の補助が受けられることになりました。

[キッズコーナー]13時〜15時 @グリーンピア体育館
青山学院校友のご協力により2014年、宮古市に寄贈したエア遊具を設置し、やはりこの校友のご提供による射的、ミニボウリング、スーパーボールすくい、かき氷などのコーナーを設け、多くの子どもたちが楽しみました。また短大体育研究室からお借りした輪投げやスライムづくりも人気でした。
運営には青山学院の参加者に加え、高等部が交流を続けている岩手県立宮古北高等学校の生徒、MF大学生と交流のあるNPO法人みやっこベースのメンバーらのお手伝もいいただきました。またエア遊具の設置については、宮古市産業振興部観光課の職員2名が準備から片付けまで立ち会ってくださいました。

[コンサート]15時30分〜16時30分 @ホテルロビー
Blue Birdの活動をずっと支援してくださっている浄土ヶ浜旅館の若女将・山根千春さんが宮古支部長を務められている一般社団法人ウクレレサポート協会は、震災後、東北を応援するために活動を始めた団体です。この日は同協会のメンバー、フラダンサーの矢守春奈さん、ミュージシャン・マウンテンマウスのマーシー山口さんが演奏してくださいました。
Blue Birdのメンバーも「花は咲く」を歌い、最後はマーシーさんのリードで、皆で歌って盛り上がりました。

[カレーパーティ]17時〜18時 @グリーンピアふれあい交流館
Blue Birdカレーチームが朝から1日かけて作ったカレーを振る舞いました。中辛、甘口、夏野菜カレーの3種類が用意され、各自好みのカレーをオーダーして、おいしくいただきました。カレーチームは1日中、ふれあい交流館のキッチンにこもった作業で、イベントの参加者や他のメンバーと交流することはできませんでしたが、チームの中での分担、協力の必要性や、喜んでもらったこと、ねぎらいの言葉をかけてもらったことから声掛けの大切さを学んだという感想が聞かれました。

[全体シェアリング]
イベント運営に参加した67名に、グリーンピアのプール監視員を務めていた大学生と短大生4名、ここから参加された短大・山本唯人先生をあわせ、総勢72名が一堂に会してシェアリングが行われました。短大生にとっては普段接する機会があまりない、立場の異なる方たちからこの活動に対する考えを聞く貴重な体験でした。この後に行われたBlue Birdのシェアリングでは、全体シェアリングで発言された方の話し方や、参加者の聞く姿勢が手本となり勉強になったという感想も述べられました。

翌5日、5名の職員の方々は短大Blue Birdと共に重茂味まつりのお手伝いを行いました。また2組の初等部家族は引率の河見誠先生、2名のMF大学生と共に岩泉町を訪れ、町役場での水害研修、龍泉洞観光、岩泉乳業の工場見学を行い、午後は浄土ヶ浜でさっぱ船に乗りました。
6日は午前中、短大が開催した「鍬ヶ崎公民館夏まつり」(バザー、お楽しみ、カレー)を見学した後、宮古駅で解散し、オール青山の活動を終えました。
これまでも2014年、2016年にオール青山をうたった活動が宮古市で行われましたが、職員の方が参加されたのは今回が初めてです。社会人としての行動、配慮など、普段接することが少ない職員の方々から学生が多くを学んだことと思います。本当の意味でのオール青山が実現したことを、参加された方々をはじめ、活動補助プログラムの適用にご尽力くださった大学ボランティアセンターに感謝いたします。

エア遊具「サーモンくん」「みやこちゃん」

輪投げコーナー

スライム作り

射的コーナー

かき氷

スーパーボールすくい

ウクレレと歌の演奏

フラダンス

「花は咲く」を歌うBlue Bird

マーシーさんと一緒に

カレーの準備

カレーのオーダー

大広間での全体シェアリング

記念撮影

2018.08.13