「子ども学科コンサート2019」を4月4日に開催しました。

桜が美しく咲きほこる中、恒例となった2019年度の子ども学科年度初頭行事の一環として、「器楽担当の教員有志による子ども学科コンサート2019 vol.8」が、4月4日11時から短大礼拝堂で開催されました。コンサートには子ども学科の2・3年生、専攻科生が参加し、満席になった礼拝堂は、先生方の奏でる音楽に満たされました。

今回のコンサートは「器楽」の授業担当教員有志の7名の出演でした。平素はプロの演奏家としての活動に、教育にとご多忙の先生方です。ラフマニノフ、リストとピアノ独奏の華麗な演奏が続き、パイプオルガンとピアノのデュオ、そしてギター独奏と、多彩な音に包まれるぜいたくな時間が流れました。そのあと一転して、楽しいピアノ6手連弾へ。十字架の横の壁に楽譜やイラストが映し出され、「キャベツシスターズ」も登場し、会場も一緒になって歌い体を動かし、たくさんの笑顔と拍手の中、コンサートは幕を下ろしました。
ホンモノに触れ、真に感動を伴いながら自己の感性と知性を磨くという子ども学科が大切にしている学びへのアプローチを、まさに体験する機会になったのではないでしょうか。

なお、コンサート開催にあたり2、3年生がスタッフとして参加し演奏会の成功を支えてくれました。

2019.04.10