「琉球古典芸能入門」開催のお知らせ

現代教養学科日本専攻では、来る6月22日に沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻の山内昌也准教授と大学院生4名をお招きして、公開講座「琉球古典芸能入門――宮廷芸能の典雅」を開催いたします。

琉球古典芸能は、能楽・歌舞伎・文楽などと同様に国指定重要無形文化財である組踊(くみうどぅい、王府で制作・上演された歌舞劇)と琉球舞踊、そして三線を中心とした琉球古典音楽によって成り立っており、今年は組踊初演300年を記念する年でもあります。お招きする出演者は、琉球古典芸能の第一線で活躍する多忙な演奏家・舞踊家ばかりです。この機会にぜひ、すぐれた実演家たちによる本物の琉球古典芸能の雅やかな世界をご堪能ください。
山内昌也先生と、青山学院女子短期大学日本専攻輪島達郎准教授による解説もありますので、わかりやすくご鑑賞いただけます。
本校学生、卒業生とその関係者であればどなたでもご入場いただけます。どうぞお誘いあわせのうえ、ご来場ください。

日時:2019年6月22日(土) 午後1時半開場  午後2時開演(午後4時終演予定)
場所:青山学院女子短期大学L402教室
入場無料・事前予約不要(本校学生・卒業生とその関係者であればどなたでも入場いただけます)
お問合せ先:現代教養学科日本専攻研究室 03-3409-7183

【出 演】
山内 昌也(歌三線 沖縄県立芸術大学准教授)
上原 崇弘(組踊立方・舞踊 沖縄県立芸術大学大学院生)
伊波 留依(組踊立方・舞踊 沖縄県立芸術大学大学院生)
高里 風花(組踊立方・舞踊 沖縄県立芸術大学大学院生)
佐久本 純(歌三線 沖縄県立芸術大学大学院生)
【司 会】
輪島 達郎(青山学院女子短期大学准教授)

【プログラム】
第1部
琉球古典舞踊「若衆こてい節」・「かせかけ」・「ゼイ」
琉球古典音楽独唱「赤田風節」
第2部
組踊「万歳敵討」(抜粋)

2019.06.14