テーブルマナー講座が開催されました

12月7日(土)アルカディア市ヶ谷において「テーブルマナー講座」が行われました。参加者は学生23名と引率の教員1名でした。当日は冷たい霧雨が降っていましたが、学生のみなさんはきれいな色の服装でおしゃれをして集まりました。
きれいに並べられた食器類の前に緊張気味のみなさんでしたが、講師の方が、着席の仕方やナプキンの広げ方などから丁寧に優しく教えてくださいました。上からの厳しい指導ではなく、なぜ、そのようなマナーがあるのか、フランス式とイギリス式ではどのように違うのか、それから、間違ってフィンガーボールの水を飲んでしまった貴族に合わせて自分も飲んで見せたヴィクトリア女王の心配りなどの逸話など、テーブルマナーのあり方についても、深く学ぶことができた講座でした。
指導に従ったやり方で尾頭つきのお魚がスルスルと身と骨に分かれたときは感動しました。最後には、皮付きのりんごやバナナやメロンをナイフとフォークで食べることに挑戦した希望者の人たちもいました。
たいへん和やかに楽しく、あっという間に過ぎてしまいましたが、しっかりとテーブルマナーも身につき、とてもためになった2時間でした。

2019.12.09