6月以降の入構制限緩和について

5月25日に政府の緊急事態宣言が解除されましたが、青山学院は5月末まで入構制限措置を継続します。本学は「前期授業の遠隔授業への切り替えについて」(4月24日付ウェブサイトニュース)というタイトルでお伝えした通り、引き続き、前期中は遠隔授業を行うことを原則としますが、6月上旬より、施設利用が必要な一部の科目に限り、感染防止措置を十分にとった上で、校内での授業を再開する予定です。その場合、該当科目受講者に直接連絡します。また、6月以降、学生指導上必要な場合にも、限定的に入構を認めることになる予定です。詳細は学生ポータル等で連絡し指示をします。なお事態の変化により、さらに変更になる場合がありますので、学生の皆さんは、この先もウェブサイトニュースや学生ポータル配信を確認するようにしてください。
2020.05.26