2020年度公開教養講座 空からのサタデー・ワークショップ ・子どもの時間+おとなの時間・ 絶賛開催中

全8回、オンラインで開催する「おとなと子どものココロとからだのわくわくワークショップ ・子どもの時間+おとなの時間・」が1月末からほぼ毎週土曜日に進行中です。
covid-19の緊急事態宣言の中ですが、講師・スタッフの感染予防対策を充分に講じて短大校舎や長池公園からワークショップを配信しています。

第1回(1月30日)、「おとなと子どものonlineあそびの時間」はオープニングのアニメーションが映る前に、スタートが待ちきれない子どもの「おーい、おーい!」と呼びかける声から始まりました。子ども6人、おとな6人の参加者は、講師の「茶色いおじさん」と「黄色いお姉さん」と一緒に、ペアで大きな木を作ったり、家の中にあるもので借り物競争をしたり、元気いっぱいに体を動かして遊んで、そのうち半そでになる子もいたぐらいでした。

第2回(2月6日)は「おとなと子どものオンラインプロ[即興演劇]の時間」。参加者は、前回も参加した親子を含め、子ども7人、おとな6人。画面の前で体をほぐした後、zoomのカメラをふさいで隠れたり、また顔を見せたりといったもぐらたたきゲームなど、オンラインを活用した遊びで参加者同士うちとけていきました。さらに、体で数字や様々なものを表現したり、「座れない椅子」を作ったり、どんどんココロとからだがほぐれていきます。そして、どこかに行きたい子の邪魔をするいじわる魔女が登場し、子どもたちはごく自然に、魔女と会話して、「即興劇」が展開していきました。

第3回(2月20日)は、「おとなと子どものお家で里山散策の時間」。八王子の長池公園からのオンライン自然観察会です。温かくよく晴れた中、遠くの鳥などをアップにして見せてくれるフィールドスコープや、冬眠中の虫や、ススキの種をアップにしてくれるスマホのレンズクリップを駆使し、家の中にいる参加者に里山体験を届けていきます。モグラやタヌキの痕跡、落ち葉のカサカサ音でやってくるモズ、珍しいトモエガモ、クロモジの冬芽などなど、目に留まったものについて、質問への回答も含めながら、「そうなんだぁ」と感心する説明をたくさん聞くことができました。長池公園自然観に戻ってから、絵本朗読の時間をはさみ、あらかじめ送った小枝やドングリを使ったプチ工作まで、子ども7人、おとな7人が楽しみました。自然観察のコツを教えてもらったので、出かけたくなった参加者が多かったようです。都内の自然観察スポットもたくさん教えてもらいました。

毎回、オンラインということを忘れるような臨場感と一体感で、子どももおとなもココロとからだをわくわくさせています。
あと5回。まだ申し込み可能な回もあります。ふるってご参加ください!

2021.02.25