東京都私立短期大学協会「学生英語スピーチコンテスト」で宍戸万里江さんが優勝!

11月28日(土)に行われた、「第35回学生英語スピーチコンテスト」(東京都私立短期大学協会主催:アルカディア市ヶ谷私学会館)で本学英文学科英語学専攻2年の宍戸万里江さんが見事優勝しました。
これで本学の学生の優勝は2年ぶり通算10度目の優勝となりました。
優勝者には、協会から賞状及び、優勝杯が授与され、副賞としてクイーンズランド大学の協力によりオーストラリア研修旅行(2週間の学費・ホームステイ費)往復航空券がプレゼントされました。
青学講堂での宍戸さんのスピーチ(12/4) 学内スピーチコンテスト後の集合撮影
宍戸万里江さんのスピーチについて
題: 「The Family and the Future of Japanese Society」
要旨: 「日本の将来を明るいものにするためには法の中の家族の概念をもっと柔軟で寛容なものに変える必要がある」
昨年の今頃、東短協スピーチコンテストの本学代表に選出されて以来、ハンディエヴァ-ウェラ先生の指導を受けて、優勝をめざして1年間練習を積み重ねてきました。来る12月4日には、青学創立135周年記念一環行事として青学講堂で学内スピーチコンテストが行われる予定です。そこでも宍戸さんが今回の優勝スピーチを披露してくれることになっています。
2009.11.30