「幕末・明治の外国人の見た日本」展 開催(10/19~10/28)

10月19日(火)より10月28日(木)までの期間、女子短期大学ギャラリー(北校舎1階礼拝堂隣り)において、青山学院女子短期大学図書館所蔵《特別コレクション》「幕末・明治の外国人の見た日本」展を開催します。
女子短期大学図書館では、「幕末・明治の外国人の見た日本」というテーマで、毎年貴重な資料をコレクションしています。今年で58点になりました。これらは、幕末から明治にかけての、日本文化の外国人への紹介であると同時に、当時の外国人が数世代前の私たちをどう見ていたか、感じていたか、さらに、本学院の黎明期の文化を知るうえでも重要な資料です。日本に大きな影響を与えた外国人による美しい原著と図書の数々をご覧ください。どなたでもご覧いただけますので、お気軽にお出かけください。
《 ギャラリートークのご案内 》
期間中、本展監修者の八耳俊文先生(教養学科教授)による展示解説が行われます。
予約不要。参加希望者は、直接ギャラリーに起こしください。
10月26日(火) 12:40~13:00
10月28日(木) 12:40~13:00
入場無料
開催期間:2010年10月19日(火)~10月28日(木)
  月~金 10:00~17:00/土 10:00時~15:00(※10月24日 日曜日は休み)
開催場所:青山学院 女子短期大学 北校舎1階ギャラリー
問い合わせ:青山学院女子短期大学図書館 TEL.03-3409-7102(7103)
2010.10.08