東日本被災地支援ボランティア「Blue Bird」による活動報告が行われました

9月27日(水)の礼拝の時間(12:30~13:00)に東日本大震災被災地支援ボランティア「Blue Bird」の3名の学生による活動報告が行われました。
礼拝は、吉岡康子宗教主任の祈祷に始まり、聖歌隊による奉唱の後、英文1年佐々木千穂さん、英文2年青木里実さん、英文1年都鳥沙妃さんから、それぞれ現地での活動報告と感想が述べられました。その後、「Blue Bird」が被災地で披露した「イーハトーヴの風」が聖歌隊により合唱されました。最後に、シェロ・マイク宣教師の祈祷により礼拝が終了しました。
今回初めてとなる「Blue Bird」の活動報告によって、多くの短大生、教職員、学生たちに活動を通して得ることができた熱い思いを伝えることができました。
今後は、10月29日(土)、30日(日)の「青山祭」、11月18日(金)に開催される「天満敦子チャリティ・コンサート」において、学内外に活動報告を行ってまいります。その際に、すでに完成している60Pにおよぶ「活動報告書」もご覧いただくことができます。
「青山祭」では、地元の商品の販売、短大生から集めたアクセサリーの販売、募金活動も展開します。詳細は当日のプログラムをご覧ください。11月18日(金)に開催されるチャリティ―・コンサートの詳細については、今後の短大ホームページで紹介してまいります。多くの皆さまのお越しをお待ちしています。
関連ニュース 2011/07/29:東日本被災地支援ボランティア「Blue Bird」の学生14名が帰ってきました
2011.10.12