青山学院教職員による東日本大震災被災学生支援奨学金の申請について

東日本大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
このたび青山学院では「東日本大震災特別措置」に加え、被災学生への奨学金の給付を目的として、青山学院教職員からの寄付および法人から拠出される資金を原資とした「青山学院教職員による東日本大震災被災学生支援奨学金」を設立しました。
つきましては、下記の通り支援希望者を募集しますので、希望者は、スケジュール、提出書類等をよく確認のうえ、申請してください。
■ 支援奨学金の内容
卒業まで(最短修業年限に限る)の生活費の一部を支援する給付型とし、年額250,000円を給付する。
■ 対象者
1. 本人、または、保証人が東日本大震災における災害救助法適用地域に居住し、下記のいずれかに該当する場合(すでに減免措置を受けた学生も対象とする)
2. 本人、または、保証人が東日本大震災の影響により下記のいずれかに該当する場合
【該当事項】
保証人が死亡の場合
保証人が行方不明の場合
家屋の流失・全壊・半壊の被害があった場合
保証人に大幅な減収(失業・失職、会社(自営業含む)の倒産並びに罹災による大幅な減給(減収)、災害による止むを得ない退職、休業(避難含む)、風評被害や塩害による減収、保証人の長期入院等)があった場合
家計に大幅な支出増(家財の損壊、店舗・田畑の損壊、自営等で必要な施設・器具の損壊等)があった場合
福島原発事故による警戒区域・計画的避難区域指定、避難指示により、居住不能となった場合
その他(東日本大震災による家計急変等)
■ 提出書類
1. 「青山学院教職員による東日本大震災被災学生支援奨学金」申請書
2. 「振込口座届」(裏面に通帳のコピーB5を貼付すること)
3. 「添付書類」(添付書類の項の詳細を確認すること)
※上記1、2の書類は、女子短期大学学生部学生課窓口にて配付。
■ 添付書類
すでに「東日本大震災特別措置」(罹災状況が「家屋の一部損壊」は除く)を受けている場合は、「東日本大震災特別措置」を受けていることを明記の上、申請書のみ提出してください。
新規に申請する場合は、次の証明書等が必要になります。(対象者欄の番号に対応しています。)
【添付が必要な証明書等】
戸籍謄本等、死亡が確認できるもの
当該自治体や警察等への届出書類及び住民票(世帯全員分記載)
罹災証明書(全壊・半壊等の記載のあるもの)
解雇通知・廃業証明書(廃業届の写し)・平成22年度分源泉徴収票および平成23年支払(見込)証明書(事業主発行)・被災前後の各数か月分の給与明細書・平成22年度確定申告書(控)(第1表・第2表)・雇用保険受給資格者証または退職証明書・休業等の証明書・風評被害による出荷停止などの情報(新聞報道等)・医師の診断書(障害の状況・加療入院期間、後遺障害の有無が記載されたもの)・その他の証明書または書類
物品内容(家具・店舗・田畑・自営のための施設・器具等)の損害額がわかる見積書および領収書
住民票(全世帯記入)および警戒区域、計画的避難区域指定、避難指示等内に住居があること(あったこと)が証明できるもの
上記外の証明書等
■ スケジュール
書類配付: 2011年11月14日(月)~11月25日(金)
書類受付: 2011年12月2日(金)・12月5日(月)・12月6日(火)
いずれも9:00~16:30(11:30~12:30を除く)
受付窓口 女子短期大学学生部学生課
採用発表: 2012年1月
口座振込: 2012年1月27日(金)<予定>
なお、2012年度の申請については、2012年5月頃に学生ポータル等でお知らせします。
<問い合わせ先>
女子短期大学学生部学生課
TEL.03-3409-1444
2011年11月14日
青山学院女子短期大学
学長 谷本 信也
2011.11.15