クリスマス礼拝が行われました(12/7)

12月7日(水)13:10より、シエロマイク学院宣教日の司会のもとで、女子短期大学のクリスマス礼拝が行われました。谷本信也学長による聖書「マタイによる福音書第27章61節、28章1~10節」が朗読され、続いて、吉岡康子宗教主任による祈祷の後、日本基督教団総会議長の石橋秀雄越谷牧師より「思いがけない平安」と題して説教がありました。その後、子ども学科1年の高橋南子さんより感謝の祈祷が述べられ、最後に山北宣久青山学院院長の祝祷をもって、クリスマス礼拝が終了しました。
礼拝の中で、短大ハンドベルクワイアによる「三人の博士」、短大聖歌隊による「だから今日希望がある」が讃美され、ダンス部による「祈り-芽吹く時-」と題したクリスマスにふさわしい踊りが繰り広げられ、さらに、出席者全員による東日本大震災を覚える連祷が捧げられました。
2011.12.22