沿革・歴史

沿革・歴史

つねに女子教育の先駆けであり続ける青山学院女子短期大学の歴史を語ります

青山学院の歴史

ドーラ・E・スクーンメーカー
「女子小学校」創設者
米国メソジスト監督教会婦人
ドーラ・E・スクーンメーカー
Dora E. Schoonmaker

明治初頭、米国メソジスト監督教会の宣教師、ドーラ・E・スクーンメーカー女史、ジュリアス・ソーパー博士、ロバート・S・マクレイ博士がそれぞれ開校した女子小学校、耕教学舎、美會神学校が青山学院の源流です。

3つの学校は名称の変更、移転を繰り返し、青山の地に東京英和学校と東京英和女学校としてたどり着きました。両校はその後、青山学院・青山女学院と名称を改めました。1923(大正12)年、関東大震災の復興事業の際、両校は合同することとなり、1927(昭和2)年、男女の教育機関としての青山学院となりました。そして順次、幼稚園、初等部、中等部、高等部、大学、女子短期大学、大学院を開設し、教育・研究環境の拡充をしました。

大学では1982(昭和57)年には教養課程(1・2年次)のための厚木キャンパスも開学。
2003(平成15)年、世田谷キャンパスと厚木キャンパスを閉じて、相模原キャンパスを開学し、青山キャンパスと2キャンパス制になりました。

青山学院女子短期大学の歴史

青山学院女子短期大学初代学長 向坊長英

青山学院女子短期大学初代学長
向坊 長英
Nagahide Mukaibou

海岸女学校校舎(1881年 再建)

海岸女学校校舎(1881年 再建)

女子短期大学校舎(1949年 建設)

女子短期大学校舎(1949年 建設)

体育の授業(昭和30年代)

体育の授業(昭和30年代)

137年前に生まれた、青山学院の源流のひとつである女子小学校が青山学院女子短期大学の始まりです。名称変更、移転などさまざまな変遷を経て、1950(昭和25)年に文科(国文・英文専攻)、家政科の2科を持つ女子短期大学となりました。その後、1962(昭和37)年に児童教育学科、1969(昭和44)年に教養学科、1989(平成元)年に芸術学科を順次増設し6学科となり、2006(平成18)年4月には児童教育学科を3年制の子ども学科として開設しました。

2012年4月、従来の5学科を融合した現代教養学科を開設し、子ども学科との2学科制が始まります。

青山学院女子短期大学沿革図
関連リンク