進路VOICE

編入学

アオタンVOICE1

学びたいものが見えてから迷いなく進路を決める

2015年3月 現代教養学科 日本専攻卒業
編入学先:青山学院大学文学部 日本文学科

勉強も部活も真剣に取り組んだ2年間
本を読むことが好きだったので、社会へ出る前にもう少し文学について勉強してみたいとの思いから青短に入学しました。就職に強いこと、編入学の道もひらけていることも魅力でしたが、入学当初は2年間学んで就職をしようと考えていました。実際に授業がはじまると、どの先生の授業もおもしろく毎回大きな発見があり、もっと深く学びたいと思うようになりました。授業が進むにつれ、自分の本の読み方が変わってきたのを実感。また、学びへの取り組み方も、ただ課題をこなすのではなく、自分が興味をもったことがらに対して、探求していく姿勢が身につきました。1年次の後半には、日本文学を専門的に学ぶために編入学をしようと決心しましたが、編入学に備えて勉強ばかりしていたわけではありません。放課後は茶道部で活動。そこで得た仲間は、卒業した今でも大切な友人となりました。

社会に出ても文学を学び続けたい
青山学院大学へ編入後は、近代日本文学を学ぶかたわら、新聞編集委員会で活動。多くの人に会い、さまざまな話を聞かせていただいた経験は、就職活動においても自分の強みとしてアピールすることができたように思います。希望する銀行から内定をいただき、現在は仕事のための資格試験の勉強に取り組んでいるところです。職業人としてしっかり仕事をすることに慣れたら、またゆっくりと文学を学んでいきたいと考えています。

アオタンVOICE2

先生に背中を押されてさらなる高みへ

2016年3月 現代教養学科 国際専攻卒業
編入学先:お茶の水女子大学生活科学部 人間生活学科

目指す仕事に就くために青短に
私は高校を卒業して社会人として働いていましたが、空港のグランドスタッフになりたいという夢が捨てきれず、航空関係の就職に強い青短で学び直すことにしました。2年ほど現役を離れていたので、英語科目では学び直すことからはじめました。分厚く難解な本から子ども向けの本までレベルの違う本の中から選ぶことができるリーディングの課題では、最初は薄い本を選んでいましたが、回を重ねるうちに厚いものに挑戦できるようになり自信がついていきました。また、情報の引き出し方やレポートのまとめ方などのリテラシーも、青短ではじめて身につきました。

ジェンダーとの出会いで思わぬ進路へ
1年次の冬にはそろそろ就職活動をと考えていましたが、先生から編入学してはどうかと勧められ、自分が何をやりたいのか考え直すことになりました。学びの中でジェンダーという考え方を知り、社会的弱者へ目を向けるようになっていた自分に気づき、ジェンダー研究のできる大学を探すことに。その結果、青短入学時には思ってもみなかった「お茶の水女子大学で学ぶ」という目標を見つけることができました。編入後の現在は、労働経済学・社会学のゼミに所属し、「生活者の視点に立って苦難を抱えている人を問題解決に導くとはどういうことか」を学んでいます。卒業後は公務員となり、福祉関係の部署で困難を抱えている人の手助けをしていきたいと考えています。

アオタンVOICE3

学びの中から大きな目標を得て、編入学へ

現代教養学科 国際専攻2年
編入学先:青山学院大学 国際政治経済学部

自ら学びたいと思えることへの出会い
英語が好きという漠然とした気持ちで青短に入学しました。最初に行われた現代教養コア入門という導入科目で、「世の中で起こること、その答えは一つではない」ということに気づかされ、学びの面白さに目覚めました。学びたいことがどんどん増え、ニュージーランド語学留学や、アジアとの共生を学ぶカンボジア・スタディ・ツアーへも参加。文化的観点から、国際協力について考えてみたいと思うようになり、青山学院大学の国際政治経済学部への編入学を決心しました。

編入学を目指して猛勉強
編入学をするために頑張ったことは、一度も遅刻しない、休まないこと。また、TOEIC®の点数も半年間で200点上げることができました。人によって、「これだ!」と思うことは違いますが、興味の対象がはっきりすると学びは楽しいものに変わります。編入先では、言語・文化・コミュニケーションを軸に学び、外交官を目指し、文化によって人と人とをつなぐ架け橋になりたいと思います。

アオタンVOICE4

中学の家庭科教員を目指して

現代教養学科 人間社会専攻2年
編入学先:福島大学 人間発達文化学類文化探究専攻

就職希望からの転換
入学当時は、青短で服飾に関して学び、卒業後は就職することを希望していました。卒業までに資格を取得しておきたかったので教職課程も履修することに。同時に「教育学」なども履修していくうちに、学校教育について関心が高まり、1年の後期には、教員になるために編入学を考えるようになっていました。編入学先の条件は、国立大学で、希望する家庭科を専攻できること。編入学を担当する先生も一緒になって探してくださり、幸いなことに故郷の福島大学を見つけることができました。

福島の子どもや地域を支えたい
福島大学は震災以降、子どもと一緒に実践的な活動を行っている大学です。青短での2年間で、学問としての教育を学ぶとともに、さまざまな社会問題にも目を向けるようになりました。今後は、実践的な学びを通して、いろいろな背景をもった子どもたちとの関わりについて探究していきたいと考えています。

関連リンク

留学・国際交流

アオタンVOICE5

姉妹校(Notre Dame of Maryland University)の
語学学校(ELI)に留学して

英文学科2年
2012年4月~12月 留学

コミュニケーション能力が磨かれました。
留学先の授業では、コミュニケーション能力が問われました。初めは、自ら発言することに戸惑っていましたが、日本のことを皆に伝えたいという気持ちが強く、その気持ちが自らの発言へとつながりました。コミュニケーション能力を高めたことで、自然と英語力も身についたと実感しました。

自分自身の可能性の大きさを確認。
留学中には多くの出会いがあり、そこで出会った様々な人の考えや、価値観を交換し、学ぶことができ、物事を多方面の視点から見て考えることができるようになりました。留学先の大学や、旅先で出会った現地の人々、様々な国籍を持つ友達、アメリカで出会った日本人の方々、彼らのほとんどが夢を持ち、それに向かって努力している姿がとても輝いて見えました。彼らの経験話を聞き、私自身の視野が広がったことで、自分の可能性ももっと大きいのだということに気付くことが出来ました。また、自分の可能性は自分で広げていくものだという事を彼らに出会って確信しました。

アオタンVOICE6

姉妹校(Western Michigan University)に
編入留学します

2013年3月 英文学科卒業
2013年5月 Western Michigan Universityの付属語学学校CELCISに入学
2013年9月 Western Michigan Universityに編入予定

「忘れないうちに最初の印象を報告します (2013年5月)」。
こんにちは。日本は徐々に暖かくなってきたころでしょうか。
Kalamazooは毎日の温度差が激しく、25℃の日が続いたと思ったら、8℃になったりと、服選びが大変です。
ここに来てすぐに、テストを受けたところ、上から2番目のクラスになりました。このままだと、来年の1月から大学の授業なのですが、引き続きTOEFLの勉強をつづけて、早く大学の授業を受けたいです。
CELCISのほとんどは、サウジアラビアからの学生ですが、ブラジルやメキシコ、中国からの学生の友達も出来ました。アクセントや、宗教、文化の違いに驚くことはありますが、毎回いろんな事を発見したり、その事について話すことも、今まではなかった楽しみです。
授業では、人種問題についても扱っているのですが、私は青短でアメリカの人種問題についての授業をたくさん受講していたので、本場でこのような事を学べて嬉しいです。
ここは、自然もかなり豊かで、キャンパス内に野生のリスや、ウサギ、鴨がいるんです!空いた時間には動物や自然の写真も撮っています。
食べ物や交通の面で、不便はありますが、大学や大学院の日本人の留学生たちの助けもあってなんとかやっています。
忘れないうちに最初の印象を報告したかったので連絡しました。

アオタンVOICE7

多くの国からの留学生との交流で知見が広がりました

英文学科 英語学専攻2年
留学先:Western Michigan University付属CELCIS

姉妹校へ1年間の休学留学を体験
小学校の頃、ドイツで3年間を過ごした経験があり、大学に入ったら今度はしっかりと学んでみたいと留学を考えていました。留学にあたっては、国際交流委員会の先生方に留学先の相談にのっていただき、教務課のスタッフの方には奨学金の手続きなどで心強いバックアップをしていただきました。留学先は、米国ミシガン州にある姉妹校。総合大学に併設された語学学校で、さまざまな国から集まった留学生とともに学ぶことができました。最初は、テストでは点が取れるのにコミュニケーションをとることが難しく苦労しましたが、伝えたいという気持ちが大切だということに気づいて度胸がつきました。クラスの中で韓国やサウジアラビアの女性と親しくなり、文化の違い、女性の生き方などを考えることができて充実した1年間でした。

身につけた英語力を生かして、英米文学を学べる大学に
1年間の留学を体験して、自分から動く姿勢が身についた今、次は文学・文化を通して世界を理解したいと思い、英米文学科への編入学にチャレンジします。

関連リンク